*

中古住宅改修工事2016

ホームンスぺクターとして沢山のお仕事を頂くようになりました。

全国規模のSさんやAさん等には数は敵いませんが、個人的に依頼に関しては京都でトップクラスだと自負しています。

診断士としての資質についてもまだまだ勉強する事は沢山あります。

自信をもって対応させて頂いています。

では何が違うのか?それは現場の施工実績だと思います。

特に弊社は構造や断熱工事を最初から意識して取り組んでいます・

工務店に中にはいわゆるプロのカンで構造と省エネをしたり

面倒くさがる傾向があります。

一般の消費者様の多くや

事務所さんは1級建築士イコール知識があると誤解しています

確かに勉強の知識は最低限あるでしょう。

その知識はその時の物であり毎年のように基準は変わり

また現場はその通り動いているわけではありません。

だから常に勉強が必要です、然し彼らは自分達の会社や知識を過信してます。

それを証拠に協会の勉強会等で見かけたことありません。

図面や机上の勉強でだけでなく実際に工事に携わる事によって沢山勉強出来ています

また勉強会で情報を交換する事も有意義です!

これからインスペクションを依頼される方!特に中古住宅に関しては大きな看板や

1級建築士だからという事に惑わされないように気をつけて下さいね。

中古は施工能力が大事だと思います。

決して私に工事を依頼しろと言うわけでは無いですよ(^^)

ホームインスぺクション京都

中古住宅診断

DSC02871

DSC02870

写真 2015-07-31 10 06 47

関連記事

doc01944720170530143229_001

補助金申請を嫌がる建設会社は避けましょう・・

今年も京都市ではいろいろな補助金で 市民の快適なお家作りを支援していきます。 弊社では昨年度

記事を読む

写真 2017-06-09 23 38 15

年末年始の営業について 2017~2018

年末年始の営業日 2017年 12月29日 仕事納め     12月30日~1月8日 

記事を読む

2019-05-28 13.43.36

外壁の劣化 (解体しないと判らない)

先日の改修工事の現場です。 モルタル塗りの上に塗装されている 一般的な仕様です。 矢印の目

記事を読む

無題

耐震診断・耐震改修計画派遣事業 京都市

ホームインスぺクション京都では耐震診断もおこなっています。 と・・・言うより積極的に取り組

記事を読む

DSCF9178

床下によくある基礎の劣化

ホームインスぺクションを依頼されるときには 必ず床下と小屋裏はセットで依頼して下さい。 ある一定

記事を読む

doc00874320161017101741_001

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

無題

省エネ住宅ポイント

省エネ住宅ポイントが発表されました。 受付は3月になってからですが、12月27日(閣議決定)以

記事を読む

17692654_128264584376115_2097322270_o

中古住宅現場解体前研修を開催しました!2017-3

築40年の中古住宅の内部を解体して研修会を開催しました。 弊社が下取りして、建築条件付きの中古

記事を読む

yjimage

空き家対策措置法ってなに?

昨夜京都市の空き家対策の助成についての説明を聞きに行ってきました。 はっきり言って、まだまだ本気で

記事を読む

%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%ef%bc%91

中古住宅の資産の活性化が日本を救う!

日本の土地建物の固定資産の多くはこれからリタイヤ世代と言うか 高齢化世代が所有していると言っても過

記事を読む

PAGE TOP ↑