*

天井点検口から確認!レオパレスは問題外ですよ! 

公開日: : 最終更新日:2019/02/27 住宅診断

住宅診断(ホームインスぺクション)に行くと色んな発見があるわけですが・・

私が住宅診断(ホームインスペクション)の依頼を受けるとき
出来る限り小屋裏診断(天井裏)と床下侵入の床下診断をお勧めしています。
また後で耐震診断の数値も出せるよに見ています。
壁や内装は不動産仲介業者さんやお客様でもある程度目視で完全な不良個所は見れますからね

レオパレス問題で住居間の小屋裏の隔壁が無かったという建築基準法違反が取り上げられて
居ましたが・・・

正直現場監督も検査機関も確信犯ですね!
それは隔壁を見るのにそんな苦労は必要ないからです。

写真は築50年の中古分譲住宅
こんな古い安価な建売でも小屋裏まで土壁が塗り込まれました。
そしてこれは押し入れの点検口から覗くだけで見れましたよ・・
2018-11-12 14.17.31

ここ10数年住宅の検査は小屋裏やユニットバスの周りのボードの貼り上げまで
見ていきます。共同住宅しかも不特定多数の人が出入りするサブリース物は
火災に関してや防音に関しても重要な検査項目に思えます。

検査院はワザと点検口が無い理由で検査を怠ってるとしか思えませんし
建築会社も解ってやっていたでしょう!

当然管理するレオパレス本社幹部まで知っていたと思われます。

これでも大手が安心なのでしょうかね?

ホームインスぺクション京都
住宅診断 京都
耐震診断 京都
耐震改修工事 京都

公認ホームインスペクター
不動産コンサルティングマスター
松田貞次

関連記事

ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナー

2月27日 NPO ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナーが開催されました。

記事を読む

診断事例(訪問セールス被害?)

床下や天井裏には家の歴史が隠れていたりします。 中古住宅の購入の際のホームイン

記事を読む

外壁の劣化 (解体しないと判らない)

先日の改修工事の現場です。 モルタル塗りの上に塗装されている 一般的な仕様です。 矢印の目

記事を読む

「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル 報告書」 概要 発表 国交省

平成25年度より国交省が中心となり中古市場関係者を集めて「中古市場活性化ラウンドテーブル」なる会議が

記事を読む

表面が剥がれまくっている現場に遭遇した

凄い瓦の劣化の現場がありました。 写真の様な釉薬瓦の表面が割れたり、剥がれたりしている現象の原

記事を読む

ホームインスペクションセミナー開催

今年もやります、一般消費者様向けホームインスペクションセミナー 前年度は初回にも関わらず多くの方が

記事を読む

外壁塗装劣化の簡単な方法

ホームインスペクションでもリフォームの見積もりでも外壁の寿命について相談されることがあります。 最

記事を読む

屋根上診断の結果(瓦は長持ちしますが・・・)

ホームインスペクションのメニューの中で屋根上診断は少ないです。 実際は雨漏りしていなければ瑕疵

記事を読む

気密測定をしてみました!

ホームインスぺクション(住宅診断)をしていると 耐震についての話しが多かったのですが こ

記事を読む

無意味な耐震補強

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断時に 天井裏や床下に侵入するとこのような補強工事がされ

記事を読む

PAGE TOP ↑