*

外壁の劣化

公開日: : 最終更新日:2019/10/15 住宅診断, 住宅診断事例

相談の中に多いもので外壁の劣化があります。
この写真は誰もが見て判断しやすいですが

この様な状態になってもほったらかしになっている
お家が多いのも事実です。
DSCF8612

この様なお家や劣化もしてないのに不安を与えるような
セールスを掛けてまわる業者があります。

劣化がある無しに関わらずセールスしてくる業者があります。
この業界で健全な企業はセールスなどしません。

人手不足の建設業界です、きちっと仕事をしていれば暇になる事はありまえん
またセールスにかける経費は全部自分が払ってると思ってください。

万が一セールスに不安になれば信頼できる建築屋さんか
いらっしゃなければインスぺクターまで相談ください。

多少相談料がかかっても高い買い物にはならないと思います。

DSCF9838

見て判断できない時に手で「こすって」みて・・
手に写ると「チョーキング現象」と言うのがありますが
この写真のように塗膜が剥離していますと
この上からの塗装が出来なくなります。
基材であるモルタルも傷んでいる可能性があります。
この状態になる前に専門家に見てもらい

適切なメンテナンス計画をお勧めします。

ホームインスぺクション京都
住宅診断京都 

公認ホームインスぺクター 
松田貞次

関連記事

DSCF0135 (2)

M様邸 築浅(3年目)のインスペクション

構造等 中古木造住宅(築3年) 時期  契約前 現状  空き家 M様のご依頼

記事を読む

写真 2017-06-09 12 56 12

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も 色んな

記事を読む

写真 2016-04-26 16 41 34

インスペクションの道具①

ホームインスペクション(住宅診断)を行うに為に多くの道具を使います。 一般的には目視が

記事を読む

DSCF6001

エアコンの穴からの漏水

中古住宅で良く注意をして見ると この様な事例は良く見る事が出来ます。 未熟なホームインス

記事を読む

DSCF1003

長年の間湿気が・・・ダクトの接続わすれ・・

先日行ったホームインスぺクション(住宅診断) 注文住宅を20年ほど前に建築されました。

記事を読む

写真 2016-04-26 16 50 04

診断道具 (現地での説明のハイテク技術)

住宅診断(ホームインスペクション)の時原則お客様に立ち会って頂いています。 床下や天井

記事を読む

no image

弊社お預かり物件2016・6

弊社のお預かり物件です。 現在弊社で新居を建築中で7月いっぱいくらいの完成ですので それ

記事を読む

%e7%84%a1%e9%a1%8c

長期優良化リフォームインスペクションにも対応

私は思うところもあり日本ホームインスぺクターズ協会の 長期優良化リフォームインスペクターの登録をし

記事を読む

2018-02-27 15.32.01

損害保険登録鑑定人試験 合格!

このたび50才からの新しい挑戦として受験していた 保険損害登録鑑定試験に合格しました。

記事を読む

10951870_802211539826405_970061564_n

ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナー

2月27日 NPO ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナーが開催されました。

記事を読む

PAGE TOP ↑