*

京都市 A様 中古住宅 

公開日: : 最終更新日:2016/11/09 住宅診断, 住宅診断事例

  • 構造等 中古木造住宅
  • 時期  契約前
  • 現状  居住中

IMG_1876

A様のご依頼は気にいった中古物件を見つけて契約を考えているが見学をしたときに気になる部分がり、その部分が大丈夫か?また治したらいくらくらい掛るかインスペクションするならば天井裏も、床下も見てほしいとのことでした。
床下点検口が無く売主様も協力的で大工さんに和室の床に点検口を空けて頂ける事になりました。

結果

気なされていた部分はおおごとで無く、現状では治す必要もないので様子を見て頂くことで壁にクラックがあったので時期を見て外装のメンテナンスをお薦めしました。
IMG_1865 (2)

気になる部分では外から見て屋根の形状が複雑な部分があり天井裏に上った時にその部分を見ると雨が侵入した形跡がありました。売る主様も気がついておられなかったので購入後点検をお薦めしました。
IMG_1919 (2)

床下では途中計画変更が会ったのの大引きが正確に入って居ない部分がありました。
ただし大きな問題にはならない範囲と報告させて頂きました。
IMG_1884 (2)

診断後、購入されました。

お客様の感想

痛んでいる箇所が直せるのか重大な瑕疵なのか素人では判断でき無いので安心出来ました。
インスペクションが決め手になったので良かったです。リフォームについて業者との打ち合わせにも報告書が参考になりました。ただ2階のトイレの排水の流れが悪く診断時に流れる事は確認してもらってましたがトイレットペーパーを多めに流すなどして貰うと良かったと思います。価格も他の会社に比べてリーズナブルなので依頼がしやすかったです。

あらかじめどの様にインスペクションをするか教えて頂き勉強していけば良かったと思います。

ホームインスペクション京都
公認ホームインスペクター
松田貞次

住宅診断 新築内覧同行 マンション内覧同行
中古住宅再創計画 「NAOSU」
耐震適合証明 耐震工事 リノベーション リフォーム相談

関連記事

DSCF9178

床下によくある基礎の劣化

ホームインスぺクションを依頼されるときには 必ず床下と小屋裏はセットで依頼して下さい。 ある一定

記事を読む

no image

弊社お預かり物件2016・6

弊社のお預かり物件です。 現在弊社で新居を建築中で7月いっぱいくらいの完成ですので それ

記事を読む

写真 2016-03-05 17 30 54

建て起こしの壁

京都のような間口の狭い敷地が多いと隣家との壁と壁の隙間がほとんどないケースがあります。

記事を読む

17692654_128264584376115_2097322270_o

中古住宅現場解体前研修を開催しました!2017-3

築40年の中古住宅の内部を解体して研修会を開催しました。 弊社が下取りして、建築条件付きの中古

記事を読む

写真 2020-11-03 9 40 54_R

高所カメラ12Mバージョン

ホームインスペクションや既存住宅状況調査では 屋根の上の診断は項目に入って居ません。 多くの診断

記事を読む

写真 2016-04-26 16 41 34

インスペクションの道具①

ホームインスペクション(住宅診断)を行うに為に多くの道具を使います。 一般的には目視が

記事を読む

2019-11-26 12.53.52

竹や木の根っこ強し!

中古住宅の床下に侵入した時の写真です。 床上からは解りません お住まいの方も知らなかった

記事を読む

2018-11-26 10.56.40

キクイムシの被害

最近あまり見なくなりました。 以前はラワンの階段板や窓枠に小さな穴が沢山空いているのを多く見ました

記事を読む

doc07803520210119130836_003

日本ホームインスぺクターズ協会の会報誌に掲載されました

現在私は日本ホームインスペクターズ協会  近畿エリア部会長をしています。 その関連も

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分で出来るご自宅チェックその1

専門家に依頼するきっかけにでなればと思い 素人でも出来る簡単なチェックを書いてみます。 まず

記事を読む

PAGE TOP ↑