*

診断道具・・カメ棒(5m)

公開日: : 最終更新日:2021/06/08 住宅診断

今回新たにカメ棒を購入しました。

理由は屋根上を見たいから!

一般的な診断会社のメニューに屋根上の診断は含まれてません。

弊社でも梯子が掛けれる場合のみ受けていますが、危険がともなう為2人体制で行います

費用もかかりますし、私が専門家(インスぺクター)として現場で見たい時があります。

ドローン等も検討しましたが電池や許可の問題で、アナログの方が確実と言う事で購入しました。

写真 2017-07-29 11 43 27

この様に5mの棒の先にカメラを付けて撮影します、今は動画モードでしてますが、リモコン操作が出来る

カメラでの撮影も始めようと思います。

費用よりお客様の満足、診断精度をあげて行く事優先に取り組んで行きます。

但し実際に屋根上がるのとこの方法では信頼度は違います、よりよく見る場合には

実際に屋根上に上がって診断する方法も採用させて頂きます。

写真 2017-07-29 11 44 22

公認ホームインスぺクター
屋根上診断

松田貞次

関連記事

ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナー

2月27日 NPO ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナーが開催されました。

記事を読む

断熱材 手抜き工事

30年目くらいの中古住宅の診断 注文住宅で建てたと売主さんは自信満々との事ですが天井点検口があ

記事を読む

外壁の劣化

相談の中に多いもので外壁の劣化があります。 この写真は誰もが見て判断しやすいですが この様な

記事を読む

「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル 報告書」 概要 発表 国交省

平成25年度より国交省が中心となり中古市場関係者を集めて「中古市場活性化ラウンドテーブル」なる会議が

記事を読む

地盤の状態の判断について

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断、耐震改修計画の依頼を受けて 実施しますが、一般的

記事を読む

診断事例(訪問セールス被害?)

床下や天井裏には家の歴史が隠れていたりします。 中古住宅の購入の際のホームイン

記事を読む

住宅ストック維持向上促進事業採択

今年になって、インスペクション仲間と立ち上げた IK「インスペクション関西有限責任事業組合」が

記事を読む

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合 大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

記事を読む

お家の下の土質をご存知ですか?

新築工事の工程管理の様子です。 最近は地盤調査が常識化しています(しない工務店はあやしいですよ

記事を読む

竹や木の根っこ強し!

中古住宅の床下に侵入した時の写真です。 床上からは解りません お住まいの方も知らなかった

記事を読む

PAGE TOP ↑