*

リフォームの途中検査は有効だと思います。

公開日: : 最終更新日:2022/01/22 コラム, 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 住宅診断事例

弊社は大規模なフォームやリノベーションを得意としています。

その関係で多くの中古住宅を見て来ています。

その中で屋根や外壁は重要なポイントです!

年数がたっているといろいろと手が加えられてるので

写真の様な穴などが多く見られます。

写真はエアコンの配管の為、電気業者が穴を空けた様子です。

下地の防水シートも貫通していつ水が入って来ても不思議ではないです。

いや!・・実際に入っています。

彼らからすると壁の下の事などお構いなしです。

上からコーキングすることでその場は雨漏りしないかも知れませんが

年数がたてば、クラックなどから水が浸入しても守ってくれてるせっかくの防水シートも

貫通しているので役に立ちません。

 

最近コンサルテイングを受けた、外壁塗装業者や屋根業者が

工務店や建設会社を介さないで直接ユーザーにセールスを掛けて多くの受注をしているようです。

 

確かに間を抜くだけの建設会社や工務店なら要りませんよね!

私もそう思いますが、お化粧と一緒で下地や裏側をみないで表面だけ直しても

その場は良いけど数年後雨漏りなどが起きてしまうかもしれません。

この場合原因が特定出来ないので大変な事になってしまいます。

塗装業者等も表面を塗っているだけなので、雨漏りを保証はしないと思います。

然しながら知識も無く、リフォーム時にに下地の事まで気にしない

協力業者任せの工務店に依頼する事もナンセンスです。

工務店やリフォームショップに依頼したのに

すぐに協力業者を連れてくる会社は危険です。

自分に知識がないからそうするのです。

経験豊富な監督や建築士がいて現場を見に来て判断してくれる会社に工事を依頼するか

工事経験が豊富なインスペクターに診断や調査を依頼される事をおすすしま。

安いからと言って直接塗装等の工事業者頼むと高くつくかもしれせん。

 

公認ホームインスぺクター

松田貞次

ホームインスぺクション京都

住宅診断京都

工事途中検査、工事途中診断

耐震診断 耐震改修京都

省エネ診断 省エネ改修京都

関連記事

今年も合格発表!

先日JSHI公認ホームインスペクター資格試験の合格発表がありました! 今年も仲間が増えました!

記事を読む

適合証明技術者(フラット35)

今年度より適合技術者に認定された事により フラット35の適合証明の発行が可能となりました。

記事を読む

診断道具・・カメ棒(5m)

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニュー

記事を読む

基礎の欠損・・配管

インスぺクション(住宅診断)の時に 床下に潜ると結構な割合で見つかる症状です 現

記事を読む

樋のゴミや苔、詰まり等

中古住宅にも色々あります。 工法が違う・・・木造でも在来や2×4 RC造(鉄筋コンクリー

記事を読む

ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナー

2月27日 NPO ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナーが開催されました。

記事を読む

中古住宅再創計画 「NAOSU」 なおす 看板完成

弊社が取り組むホームインスペクションや耐震診断を行い安心して住める家に再生する 中古住宅再創計

記事を読む

エアコンの穴からの漏水

中古住宅で良く注意をして見ると この様な事例は良く見る事が出来ます。 未熟なホームインス

記事を読む

中古住宅診断でレベル測定

ホームインスぺクション(住宅診断)を実施するとき 床や壁のレベル測定をします。 その時に

記事を読む

日本ホームインスぺクターズ協会の会報誌に掲載されました

現在私は日本ホームインスペクターズ協会  近畿エリア部会長をしています。 その関連も

記事を読む

PAGE TOP ↑