*

リフォームの途中検査は有効だと思います。

公開日: : 最終更新日:2022/01/22 コラム, 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 住宅診断事例

弊社は大規模なフォームやリノベーションを得意としています。

その関係で多くの中古住宅を見て来ています。

その中で屋根や外壁は重要なポイントです!

年数がたっているといろいろと手が加えられてるので

写真の様な穴などが多く見られます。

写真はエアコンの配管の為、電気業者が穴を空けた様子です。

下地の防水シートも貫通していつ水が入って来ても不思議ではないです。

いや!・・実際に入っています。

彼らからすると壁の下の事などお構いなしです。

上からコーキングすることでその場は雨漏りしないかも知れませんが

年数がたてば、クラックなどから水が浸入しても守ってくれてるせっかくの防水シートも

貫通しているので役に立ちません。

 

最近コンサルテイングを受けた、外壁塗装業者や屋根業者が

工務店や建設会社を介さないで直接ユーザーにセールスを掛けて多くの受注をしているようです。

 

確かに間を抜くだけの建設会社や工務店なら要りませんよね!

私もそう思いますが、お化粧と一緒で下地や裏側をみないで表面だけ直しても

その場は良いけど数年後雨漏りなどが起きてしまうかもしれません。

この場合原因が特定出来ないので大変な事になってしまいます。

塗装業者等も表面を塗っているだけなので、雨漏りを保証はしないと思います。

然しながら知識も無く、リフォーム時にに下地の事まで気にしない

協力業者任せの工務店に依頼する事もナンセンスです。

工務店やリフォームショップに依頼したのに

すぐに協力業者を連れてくる会社は危険です。

自分に知識がないからそうするのです。

経験豊富な監督や建築士がいて現場を見に来て判断してくれる会社に工事を依頼するか

工事経験が豊富なインスペクターに診断や調査を依頼される事をおすすしま。

安いからと言って直接塗装等の工事業者頼むと高くつくかもしれせん。

 

公認ホームインスぺクター

松田貞次

ホームインスぺクション京都

住宅診断京都

工事途中検査、工事途中診断

耐震診断 耐震改修京都

省エネ診断 省エネ改修京都

関連記事

緊急出動!雨漏り調査

台風や豪雨が等が続くと雨漏りの案件が増えます。 雨漏りは原因を追及さえ出来れば止める事は比較的

記事を読む

外壁の劣化

相談の中に多いもので外壁の劣化があります。 この写真は誰もが見て判断しやすいですが この様な

記事を読む

13メートルのロッドが大活躍

13メートルあるロッド 棒 自撮り棒?が大活躍しています。 以前であれば3階建ての屋根の上を見

記事を読む

自然の力 植木に注意!

休み明けの月曜日朝一番の電話でした! 排水が詰まって桝から溢れているとの事です。 水道業者に

記事を読む

インスペクション実例!外壁の変色

先日お伺いしました現場の実例です。 方角は北側の壁になります。赤い斑点が広い範囲で模様を作

記事を読む

省エネ・断熱リフォームの推進・・環境省

高断熱・高気密の断と密とかけて壇密さんをイメージキャラクターに・・・ なんか役人が考えそうな発

記事を読む

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も 色んな

記事を読む

樋のゴミや苔、詰まり等

中古住宅にも色々あります。 工法が違う・・・木造でも在来や2×4 RC造(鉄筋コンクリー

記事を読む

ホームインスペクションはどこに頼むのが良いのか

お家を購入するにあたって家の状態がどうなのか気になりますよね?仲介の不動産業者に聞いても、購入してほ

記事を読む

掘削承諾書

中古住宅を購入される場合に、このような書類が必要になる場合があります。 都市計画区域内で家

記事を読む

PAGE TOP ↑