*

雨漏りと結露(小屋裏野地板の染みについて考察)

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 コラム, 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 住宅診断事例

断熱診断、省エネ診断、省エネ住宅、省エネ改修工事を行うことが多くなって

その様な依頼の中に、他社や建てた建設会社に原因不明の水漏れや水染みの相談を受けます。

最近になって結露についてクローズされる事が多くなってきました。

結露のメカニズムが解析され理解されてきてから今までは雨漏りや原因不明で

ほっておかれていた現象も結露であった事が多く解ってきました。

下記の写真は雨漏りと思われます

但し雨漏りだけでなく、結露も併発している様に感じますが

大きな要因は屋根からの雨漏りでしょう。

次の写真は結露と思われます。

大手ハウスメーカーの建物ですが見事に野地板の合板が濡れていて

時には雨漏りのように雫が落ちていたのでは無いかと思います。

ただ30年前の建物ではハウスメーカーと言えども断熱や気密には注目してないので

結露を誘発している建物は多く見られます。

このケースは小屋裏の換気も足りていないかと思います。

この様なケースでは報告の仕方が難しいケースでもあります。

「じゃあどうやねん?」ですよね・・

ホームインスぺクション京都では

中古住宅をホームインスぺクションや住宅診断していると、色んなケースを見かけます

ホームインスぺクターのブログやYOUTOBEを見ていると

何でも批判ばかりしている方もおられますが、その当時の流行や風潮を、施工事情も考慮して

事実は事実でお伝えしますが、鬼の首を取ったような報告は控えています。

あくまで第三者を守り、また感情的にならないで建物の価値を評価するようにして

現状使用可能か?補修が必要か?

そして、これからどうするかのアドバイスに努めています。

 

ホームインスぺクション京都

住宅診断京都

省エネ診断、断熱診断、耐震診断京都

省エネ改修、断熱改修、耐震改修工事 京都

公認ホームインスペクター

松田貞次

関連記事

屋根診断 瓦

築30年ほどのお家です。 きつい雨の時だけ雨漏りがするということで見に行きました。 30

記事を読む

蜂の巣発見!

お客様より樋の中から蜂が出てくるとお電話がありました。 「樋の中?」「そんなん雨が降ったら流れ

記事を読む

ホームインスぺクターズ協会近畿エリア部会セミナー実施

2021年7月9日にホームインスぺクターズ協会のセミナーが開催されました。 約1年半ぶりくらい

記事を読む

中古住宅の資産の活性化が日本を救う!

日本の土地建物の固定資産の多くはこれからリタイヤ世代と言うか 高齢化世代が所有していると言っても過

記事を読む

気温が下がるとサーモが活躍

ホームインスぺクション(住宅診断)にもいろいろ要望が増えて来ています。 省エネや耐震化が進むと同時

記事を読む

長年の間湿気が・・・ダクトの接続わすれ・・

先日行ったホームインスぺクション(住宅診断) 注文住宅を20年ほど前に建築されました。

記事を読む

断熱材 手抜き工事

30年目くらいの中古住宅の診断 注文住宅で建てたと売主さんは自信満々との事ですが天井点検口があ

記事を読む

高所カメラ12Mバージョン

ホームインスペクションや既存住宅状況調査では 屋根の上の診断は項目に入って居ません。 多くの診断

記事を読む

中古住宅再創計画 「NAOSU」 なおす 看板完成

弊社が取り組むホームインスペクションや耐震診断を行い安心して住める家に再生する 中古住宅再創計

記事を読む

開けてびっくり

ますますインスペクションのご依頼が増えて来ていますが、弊社は建築工事会社もしています。

記事を読む

PAGE TOP ↑