*

雨漏りと結露(小屋裏野地板の染みについて考察)

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 コラム, 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 住宅診断事例

断熱診断、省エネ診断、省エネ住宅、省エネ改修工事を行うことが多くなって

その様な依頼の中に、他社や建てた建設会社に原因不明の水漏れや水染みの相談を受けます。

最近になって結露についてクローズされる事が多くなってきました。

結露のメカニズムが解析され理解されてきてから今までは雨漏りや原因不明で

ほっておかれていた現象も結露であった事が多く解ってきました。

下記の写真は雨漏りと思われます

但し雨漏りだけでなく、結露も併発している様に感じますが

大きな要因は屋根からの雨漏りでしょう。

次の写真は結露と思われます。

大手ハウスメーカーの建物ですが見事に野地板の合板が濡れていて

時には雨漏りのように雫が落ちていたのでは無いかと思います。

ただ30年前の建物ではハウスメーカーと言えども断熱や気密には注目してないので

結露を誘発している建物は多く見られます。

このケースは小屋裏の換気も足りていないかと思います。

この様なケースでは報告の仕方が難しいケースでもあります。

「じゃあどうやねん?」ですよね・・

ホームインスぺクション京都では

中古住宅をホームインスぺクションや住宅診断していると、色んなケースを見かけます

ホームインスぺクターのブログやYOUTOBEを見ていると

何でも批判ばかりしている方もおられますが、その当時の流行や風潮を、施工事情も考慮して

事実は事実でお伝えしますが、鬼の首を取ったような報告は控えています。

あくまで第三者を守り、また感情的にならないで建物の価値を評価するようにして

現状使用可能か?補修が必要か?

そして、これからどうするかのアドバイスに努めています。

 

ホームインスぺクション京都

住宅診断京都

省エネ診断、断熱診断、耐震診断京都

省エネ改修、断熱改修、耐震改修工事 京都

公認ホームインスペクター

松田貞次

関連記事

新建ハウジング別紙に掲載 2017.2

先日 松雄建設株式会社が所属している、地域型住宅ブランド化事業をきっかけに作られた 近畿ビルダーズネ

記事を読む

新築途中検査2017-4

先日新築の足場解体前検査を実施してきました。 建物の大事な役目には人を雨風から守ると言う事があ

記事を読む

白蟻被害の季節です・・・

長い冬がおわり、暖かくなってくると 気持ち良い季節になり活動したくなりますが・・ https

記事を読む

3年前の台風なのに気が付いたのは最近

先日親の家が空き家なんですが、 瓦がめくれているみたいなので見て欲しいと言う お問い合わ

記事を読む

雨の日に確認出来る事!

インスペクションで雨の日に確認出来る事があります。 それは雨漏りにはなっていないが

記事を読む

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

サーモグラフィー(赤外線サーマルイメージングカメラ)

住宅の検査には色々な事項があります。 通常の検査では使用しませんが、断熱や雨漏り等の検査時に使用す

記事を読む

ホームインスペクションセミナー開催

今年もやります、一般消費者様向けホームインスペクションセミナー 前年度は初回にも関わらず多くの方が

記事を読む

M様邸 築浅(3年目)のインスペクション

構造等 中古木造住宅(築3年) 時期  契約前 現状  空き家 M様のご依頼

記事を読む

中古住宅診断でレベル測定

ホームインスぺクション(住宅診断)を実施するとき 床や壁のレベル測定をします。 その時に

記事を読む

PAGE TOP ↑