*

隙間との闘い!気密測定に立ち会ってみました。

新築途中での気密測定に立ち会いました。

気密測定を実施すくらいですから

目標を決めて気密にこだわった施工を実施しいるお家です

でも・・

隙間が無くなることはありません

建具が動く限り(引き違いサッシはどうしても隙間ができます。)

配管や配線が外と繋がって居る限り(将来電気線や配管を入れ替えするにはさや管等)

スキマは出来てしまます。

このお家はこのまだ完成していない、内壁を貼って居ない状態でも

C値で0.7-0.8位だそうです。

立会ながらサーモで確認していると

コンセント廻り等に熱の変化が見られま。

空気が外から入ってきているのでしょうか?

最近では省エネ断熱住宅、気密住宅が少しづづ増えてはいますが

この次元でのお家はまだまだ注文住宅でも一部でしかありません

ハウスメーカーでも特に拘らないとここまではしないでしょう。

どうしても技術力が高い工務店に依頼する必要があり

費用も高くなってしまします。

ましてや年間2-3件ほどしか建築していなし設計事務所や工務店では

高価になってしまいます。

高性能住宅を建てたい場合は、経験が豊富で、年間着工戸数や

今までに建てた件数も気参考にしてください

某サイトの優良工務店リストに年間1-2棟、いままでに10棟以下で

優良を名乗っている会社も多くあります。

ホームページを鵜呑みにして建築を依頼すると将来メンテも含めて

後悔する事になるかもしれません。

不安があればホームインスペクターや第三者を入れる事も

検討してみてください。

 

公認ホームインスぺクター

耐震診断 耐震改修工事

省エネ診断 省エネ解消工事

気密測定

関連記事

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

中古住宅購入に関するアンケートのお願い

ホームインスペクション京都(有限会社マツユウ住宅)が参画している インスペクション関西が主体になっ

記事を読む

樋のゴミや苔、詰まり等

中古住宅にも色々あります。 工法が違う・・・木造でも在来や2×4 RC造(鉄筋コンクリー

記事を読む

お家の下の土質をご存知ですか?

新築工事の工程管理の様子です。 最近は地盤調査が常識化しています(しない工務店はあやしいですよ

記事を読む

本年もよろしくお願いします。

昨年は沢山の方にご依頼を頂きありがとうございました。 ホームインスぺクション京都は少人数で運営

記事を読む

中古住宅診断でレベル測定

ホームインスぺクション(住宅診断)を実施するとき 床や壁のレベル測定をします。 その時に

記事を読む

ホームインスペクション 診断事例 動画1

ホームインスペクションの動画2です、打診棒の使い方の事例です。   https

記事を読む

本当に第三者性が保てるのかが問題です!

日経ホームビルダーに秀光ビルド本間社長のインタビューが載りました。 私は先日秀光ビルダーさんの

記事を読む

ホームインスぺクション協会の会報誌に掲載

インスぺクション会報誌10月 日本ホームインスペクターズ協会の会報誌10月号に私の記事

記事を読む

日本ホームインペクターズ協会近畿支部例会 講師 2016、2、26

平成28年2月26日 大阪中央公会堂にて日本ホームインスペクターズ協会 近畿支部 27年度 第6回例

記事を読む

PAGE TOP ↑