*

隙間との闘い!気密測定に立ち会ってみました。

新築途中での気密測定に立ち会いました。

気密測定を実施すくらいですから

目標を決めて気密にこだわった施工を実施しいるお家です

でも・・

隙間が無くなることはありません

建具が動く限り(引き違いサッシはどうしても隙間ができます。)

配管や配線が外と繋がって居る限り(将来電気線や配管を入れ替えするにはさや管等)

スキマは出来てしまます。

このお家はこのまだ完成していない、内壁を貼って居ない状態でも

C値で0.7-0.8位だそうです。

立会ながらサーモで確認していると

コンセント廻り等に熱の変化が見られま。

空気が外から入ってきているのでしょうか?

最近では省エネ断熱住宅、気密住宅が少しづづ増えてはいますが

この次元でのお家はまだまだ注文住宅でも一部でしかありません

ハウスメーカーでも特に拘らないとここまではしないでしょう。

どうしても技術力が高い工務店に依頼する必要があり

費用も高くなってしまします。

ましてや年間2-3件ほどしか建築していなし設計事務所や工務店では

高価になってしまいます。

高性能住宅を建てたい場合は、経験が豊富で、年間着工戸数や

今までに建てた件数も気参考にしてください

某サイトの優良工務店リストに年間1-2棟、いままでに10棟以下で

優良を名乗っている会社も多くあります。

ホームページを鵜呑みにして建築を依頼すると将来メンテも含めて

後悔する事になるかもしれません。

不安があればホームインスペクターや第三者を入れる事も

検討してみてください。

 

公認ホームインスぺクター

耐震診断 耐震改修工事

省エネ診断 省エネ解消工事

気密測定

関連記事

ペアガラスの中に水を発見

省エネ住宅、省エネ改修等 新築でも改修工事でもガラスと言えばペアガラス トリプルガラスも出て

記事を読む

防臭枡の点検について

今回はホームインスぺくクション(住宅診断)での発見みたいなケースではありませんが 中古住宅のホ

記事を読む

中古住宅の資産の活性化が日本を救う!

日本の土地建物の固定資産の多くはこれからリタイヤ世代と言うか 高齢化世代が所有していると言っても過

記事を読む

本年もよろしくお願いします。

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 50年近く続いている、

記事を読む

屋根上診断の結果(瓦は長持ちしますが・・・)

ホームインスペクションのメニューの中で屋根上診断は少ないです。 実際は雨漏りしていなければ瑕疵

記事を読む

高所カメラ ドローンより便利!

弊社のホームインスぺクション(住宅診断)をお受けするときには 出来る限り、小屋裏診断、床下診断

記事を読む

地域によって違う建築様式

先日NPO法人日本ホームインスぺクターズ協会の総会に近畿エリアの代表として 出席する為に北海道、札

記事を読む

足元は寒いです。

サーモグラフィーの使用実例です。 色の黒い濃い箇所が温度が低く 赤く明るい箇所が温度が高

記事を読む

白蟻の脅威 診断事例 ホームインスぺクション

白蟻は地面から1mしか登らないと言われていました。 新築時に防虫工事を1mしかしないのはその為です

記事を読む

ホームインスぺクション実地研修 大阪

本日日本ホームインスぺクターズ協会近畿支部主催の ホームインスぺクション(住宅診断)実地研

記事を読む

PAGE TOP ↑