*

隙間との闘い!気密測定に立ち会ってみました。

新築途中での気密測定に立ち会いました。

気密測定を実施すくらいですから

目標を決めて気密にこだわった施工を実施しいるお家です

でも・・

隙間が無くなることはありません

建具が動く限り(引き違いサッシはどうしても隙間ができます。)

配管や配線が外と繋がって居る限り(将来電気線や配管を入れ替えするにはさや管等)

スキマは出来てしまます。

このお家はこのまだ完成していない、内壁を貼って居ない状態でも

C値で0.7-0.8位だそうです。

立会ながらサーモで確認していると

コンセント廻り等に熱の変化が見られま。

空気が外から入ってきているのでしょうか?

最近では省エネ断熱住宅、気密住宅が少しづづ増えてはいますが

この次元でのお家はまだまだ注文住宅でも一部でしかありません

ハウスメーカーでも特に拘らないとここまではしないでしょう。

どうしても技術力が高い工務店に依頼する必要があり

費用も高くなってしまします。

ましてや年間2-3件ほどしか建築していなし設計事務所や工務店では

高価になってしまいます。

高性能住宅を建てたい場合は、経験が豊富で、年間着工戸数や

今までに建てた件数も気参考にしてください

某サイトの優良工務店リストに年間1-2棟、いままでに10棟以下で

優良を名乗っている会社も多くあります。

ホームページを鵜呑みにして建築を依頼すると将来メンテも含めて

後悔する事になるかもしれません。

不安があればホームインスペクターや第三者を入れる事も

検討してみてください。

 

公認ホームインスぺクター

耐震診断 耐震改修工事

省エネ診断 省エネ解消工事

気密測定

関連記事

ホームインスペクションと耐震診断

今年になってホームインスペクション(住宅診断)のお問い合わせやご依頼が増えて

記事を読む

2019年始動!

2019年度も本日1月7日より始動します。 毎年元旦 剣道の初稽古始まり(地元向日神社に道場が

記事を読む

新築工程検査 断熱材

私は経験が豊富で、知識が必要とされる 中古住宅診断(中古住宅インスペクション)を好んで活動して

記事を読む

表面が剥がれまくっている現場に遭遇した

凄い瓦の劣化の現場がありました。 写真の様な釉薬瓦の表面が割れたり、剥がれたりしている現象の原

記事を読む

窯業系サイデイングの劣化事象

外壁のサイデイングの劣化です。 窯業系サイデイングは段ボウルの様な圧縮された基材に 塗装

記事を読む

白蟻の脅威 診断事例 ホームインスぺクション

白蟻は地面から1mしか登らないと言われていました。 新築時に防虫工事を1mしかしないのはその為です

記事を読む

過剰サービスの是非(何が本当に必要なのか?インスぺクターから見た感想)

昨今運送会社のサービス過剰で働く人の労働について問題になっています。 サービスを提供しているのは企

記事を読む

タイアップ事業採択 京(みやこ)安心すまいセンター

9月に正式発表や広報がありますが、所属団体で京都ブロック長を仰せつかっている 日本ホームインスぺク

記事を読む

京都市 A様 中古住宅 

構造等 中古木造住宅 時期  契約前 現状  居住中 A様のご依頼は気に

記事を読む

天井点検口から確認!レオパレスは問題外ですよ! 

住宅診断(ホームインスぺクション)に行くと色んな発見があるわけですが・・ 私が住宅診断(ホーム

記事を読む

PAGE TOP ↑