*

建て起こしの壁

写真 2016-03-05 17 30 54
写真 2015-12-27 15 11 01

京都のような間口の狭い敷地が多いと隣家との壁と壁の隙間がほとんどないケースがあります。
どのように施工したのか疑問になった事ありませんか?
何十年も昔の連棟などは外壁が無く荒壁だけの施工で隙間にかんしては上からカバーして
水の侵入を防いでいるケースもあります(解体したら壁が無いケースですね)

私がこの世界入って来たころは(約30年前)壁を本来の壁の位置から30cm程入った土台の上に土台から上の
軸組みを作り、ラス地、モルタル塗り、塗装と仕上げてから壁を移動して本来の基礎の上に落とすと言った
荒技?がされていました。建て起こしと言っています。

移動する過程でヒビが入ったりしても、正直な事は解らない状態です(なんせ隣との壁が近いので見れませんから)
一度建ててしまえば雨もかかりにくいし、見えないしで30年そのままです。

開けてみればぼろぼろのケースも(写真の壁はもともと薄塗りしすぎですが)

この施工方法には大きな問題があります。

基礎からの引き金物が出来ません、土台と基礎とが所定の金物でくっついて無いのです。

現在の耐震の常識からするとありえませんが、昭和40年前後の建物には多用されています。

ホームインスぺクションで見たとしてもこの知識が無いと判断は出来ません。
また指摘事項として上げるのも難しい箇所となるでしょう。

耐震診断、耐震改修計画、耐震補強となれば後付けのホールダウン金物で補強は可能です。

この時代の建物で、隣家と隙間の無いお家の方、一度ご相談下さい

ホームインスペクション 京都
中古住宅診断なら実績豊富なホームインスぺクション京都まで。

関連記事

長期優良化リフォームインスペクションにも対応

私は思うところもあり日本ホームインスぺクターズ協会の 長期優良化リフォームインスペクターの登録をし

記事を読む

診断事例(訪問セールス被害?)

床下や天井裏には家の歴史が隠れていたりします。 中古住宅の購入の際のホームイン

記事を読む

蜂の巣退治完了

前回報告させて頂いた樋の中の蜂の巣 8月中旬の長雨や豪雨でてっきり流されていたのかと思ってましたが

記事を読む

インスぺクション関西 ビギナーズ講習会

所属しているインスペクション関西LLPの インスぺクター養成講座の講師を勤めてきました。 インス

記事を読む

エアコンの穴からの漏水

中古住宅で良く注意をして見ると この様な事例は良く見る事が出来ます。 未熟なホームインス

記事を読む

雨漏りと結露(小屋裏野地板の染みについて考察)

断熱診断、省エネ診断、省エネ住宅、省エネ改修工事を行うことが多くなって その様な依頼の中に、他

記事を読む

詐欺行為に注意!! 訪問セールスに良い業者はいません!

2023年元日に能登半島を中心に大地震が発生し、京都でも震度3-4を観測しました。 このような

記事を読む

防臭枡の点検について

今回はホームインスぺくクション(住宅診断)での発見みたいなケースではありませんが 中古住宅のホ

記事を読む

検査道具・・木材含水率計測器

診断検査道具に含水率計測器があります。 文字通り木材に含まれる水分を測るのですが、

記事を読む

横浜マンション傾斜問題について一考

今回の横浜マンション傾斜問題について思う事を書いてみますが、もともとマンションに問題が起きた

記事を読む

PAGE TOP ↑