*

建て起こしの壁

写真 2016-03-05 17 30 54
写真 2015-12-27 15 11 01

京都のような間口の狭い敷地が多いと隣家との壁と壁の隙間がほとんどないケースがあります。
どのように施工したのか疑問になった事ありませんか?
何十年も昔の連棟などは外壁が無く荒壁だけの施工で隙間にかんしては上からカバーして
水の侵入を防いでいるケースもあります(解体したら壁が無いケースですね)

私がこの世界入って来たころは(約30年前)壁を本来の壁の位置から30cm程入った土台の上に土台から上の
軸組みを作り、ラス地、モルタル塗り、塗装と仕上げてから壁を移動して本来の基礎の上に落とすと言った
荒技?がされていました。建て起こしと言っています。

移動する過程でヒビが入ったりしても、正直な事は解らない状態です(なんせ隣との壁が近いので見れませんから)
一度建ててしまえば雨もかかりにくいし、見えないしで30年そのままです。

開けてみればぼろぼろのケースも(写真の壁はもともと薄塗りしすぎですが)

この施工方法には大きな問題があります。

基礎からの引き金物が出来ません、土台と基礎とが所定の金物でくっついて無いのです。

現在の耐震の常識からするとありえませんが、昭和40年前後の建物には多用されています。

ホームインスぺクションで見たとしてもこの知識が無いと判断は出来ません。
また指摘事項として上げるのも難しい箇所となるでしょう。

耐震診断、耐震改修計画、耐震補強となれば後付けのホールダウン金物で補強は可能です。

この時代の建物で、隣家と隙間の無いお家の方、一度ご相談下さい

ホームインスペクション 京都
中古住宅診断なら実績豊富なホームインスぺクション京都まで。

関連記事

インスぺクション関西 ビギナーズ講習会

所属しているインスペクション関西LLPの インスぺクター養成講座の講師を勤めてきました。 インス

記事を読む

空き家対策措置法ってなに?

昨夜京都市の空き家対策の助成についての説明を聞きに行ってきました。 はっきり言って、まだまだ本気で

記事を読む

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も 色んな

記事を読む

新建ハウジング別紙に掲載 2017.2

先日 松雄建設株式会社が所属している、地域型住宅ブランド化事業をきっかけに作られた 近畿ビルダーズネ

記事を読む

雨の日に確認出来る事!

インスペクションで雨の日に確認出来る事があります。 それは雨漏りにはなっていないが

記事を読む

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

診断道具 (現地での説明のハイテク技術)

住宅診断(ホームインスペクション)の時原則お客様に立ち会って頂いています。 床下や天井

記事を読む

新建ハウジングプラスワンに掲載されました!

新建ハウジングプラスワンに弊社の取り組みが掲載されました。 4ページに渡り小さな工

記事を読む

新年最初のインスペクション2016

新年最初のホームインスぺクション(住宅診断)を行いました。 昨年は多くのホームインスぺクション(住

記事を読む

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合 大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

記事を読む

PAGE TOP ↑