*

住宅ローン減税を受けるには省エネ性能が必須に!

建築物省エネ法改正により

2025年4月より住宅・非住宅の新築時には

仕様エネ基準の適合が義務付けられます。

新築される建物には使用用途は関係なく

省エネが求められると言う事です。

建築確認時に適合している資料も必要となります。

それに先立って2024年1月・・いわば来年からの確認申請には

省エネ基準を満たした建築申請をしていないと

住宅ローン減税が使えないと言う事です。

これからの新築依頼については計画の段階から

想定が必要になってきます。

弊社ではすでに基準を満たした建物しかしていないので

心配はしてませんが、まだまだと思っていいる様な工務店や建築会社は

要注意です!

後になって住宅ローン減税が利用できないなって

大変なことです!

 

#省エネ住宅

#省エネ住宅改修

#省エネ住宅診断

関連記事

アスベストって木造住宅に使われてるの?

2022年4月1日着工の工事よりアスベスト(石綿)の有無の事前調査結果の報告が 施工業者に(元

記事を読む

断熱材 手抜き工事

30年目くらいの中古住宅の診断 注文住宅で建てたと売主さんは自信満々との事ですが天井点検口があ

記事を読む

金物を入れたら大丈夫?耐震について・・

熊本地震の直後に現地に耐震についての視察に参加する機会がありました。 建築基準法を守っているの

記事を読む

中古の住宅診断の義務化は早急すぎないか?

中古の住宅診断の義務化は必要か? 先日の日経の一面に中古住宅の販売時に住宅診断(ホームインスペ

記事を読む

適合証明技術者(フラット35)

今年度より適合技術者に認定された事により フラット35の適合証明の発行が可能となりました。

記事を読む

診断事例(訪問セールス被害?)

床下や天井裏には家の歴史が隠れていたりします。 中古住宅の購入の際のホームイン

記事を読む

中古住宅現場解体前研修を開催しました!2017-3

築40年の中古住宅の内部を解体して研修会を開催しました。 弊社が下取りして、建築条件付きの中古

記事を読む

耐震補強・・外壁や内装はそのままで出来る?

最近地震が多い為か、ホームインスぺクションの依頼と並んで多いのが 耐震診断です。今までは診断と

記事を読む

台風被害 2018-10

6月の北大阪地震に引き続き 9月4日の台風は私たちの生活を一変させるほどの被害を引き起

記事を読む

住宅ストック維持向上促進事業採択

今年になって、インスペクション仲間と立ち上げた IK「インスペクション関西有限責任事業組合」が

記事を読む

PAGE TOP ↑