*

マンションのインスペクション(内覧会等含む)

公開日: : 最終更新日:2016/11/09 お知らせ, 住宅診断

3月になるとマンションの完成に伴い引き渡しの内覧同行が増えてきます。
インスペクション大手各社さんはここが繁忙期なようですが私は木造住宅
しかも中古を得意としていますので繁忙期と言うわけでもないです。

私は今の仕事の前は鉄筋コンクリート造の公共施設やマンションを建てる監督してました。
実は詳しいのですが、完成しているマンションはその詳しい大事な部分は見れないので表面だけになり
なにかちゃんと見てない気がして積極的には宣伝していません!
プロからすると簡単なんです(^^)見る範囲も限られますし!
値段設定を下げて手軽に依頼して頂けるように考えています。

こんな私にでも見てほしい方は是非お申し付けください、他のインスペクターとは違う話がきけますよ(^^)

レベルを据えてみても仕方ないし(当然見る事は見ますが・・)

写真 2015-02-06 13 58 30

配管やPS部分はきっちり見て後に大変な事にならない様にしています。
DSCF3259

PS
マンションの内覧ははっきり言って「ケチ付け」です、契約もされていて購入するしかないわけですから
細かい部分について指摘する事になります、それはそれで素人さんでは言いにくい事や、言っていいか解らない事
気がつかない未完成や欠陥を指摘するわけですから、大事なわけですが。供用部分には手を出せないのでので
木造のように構造に関わる訳にならないのです。そうなると建物のプロとしては微妙な感じでもあります。
一部の現場を知らない知識だけの設計士さんが正義の味方と勘違いして語る姿が浮かびます大事なのはお客様と
売り主との関係を良好にこれから先もメンテナンスをして貰えるように交渉やアドバイスする事!

関連記事

長年の間湿気が・・・ダクトの接続わすれ・・

先日行ったホームインスぺクション(住宅診断) 注文住宅を20年ほど前に建築されました。

記事を読む

表面が剥がれまくっている現場に遭遇した

凄い瓦の劣化の現場がありました。 写真の様な釉薬瓦の表面が割れたり、剥がれたりしている現象の原

記事を読む

適合証明技術者(フラット35)

今年度より適合技術者に認定された事により フラット35の適合証明の発行が可能となりました。

記事を読む

住宅診断道具(レベルチェック)

住宅診断項目の基本のひとつにレベルチェックがあります。 床にしても壁にしても1000分の6が傾きが

記事を読む

日本ホームインペクターズ協会近畿支部例会 講師 2016、2、26

平成28年2月26日 大阪中央公会堂にて日本ホームインスペクターズ協会 近畿支部 27年度 第6回例

記事を読む

この様なインスペクション業者に依頼しますか?

今年の4月に宅建業法改正により既存住宅状況調査が始まりました。 国土交通省はこれをホームインスぺク

記事を読む

竹や木の根っこ強し!

中古住宅の床下に侵入した時の写真です。 床上からは解りません お住まいの方も知らなかった

記事を読む

2019年始動!

2019年度も本日1月7日より始動します。 毎年元旦 剣道の初稽古始まり(地元向日神社に道場が

記事を読む

新築途中検査2017-4

先日新築の足場解体前検査を実施してきました。 建物の大事な役目には人を雨風から守ると言う事があ

記事を読む

一戸建て等石綿含有建材調査員者

先日講習&試験に行ったことは報告しましたが。 修了証明書が送られてきました。 リフォーム

記事を読む

PAGE TOP ↑