*

スキマや入れない箇所も見たい時があります

公開日: : お知らせ, 住宅診断, 雑記

基本的にインスぺクション(住宅診断)は目視が基本です。

特殊な機材を用いてするときはオプション扱いです

然しながら、この様な仕事をしていると、サービス内容に関わらず

知りたい、見たい欲望に駆られます。

屋根上診断も普通はしませんが、私は出来るだけ高所カメラで見ています。

この道具は先にLEDがついていて隙間に入れて見る事が出来ます

WIFIもついているので近距離であればPADで見ることが出来るので

お客様にも屋根上や床下のライブ映像を見てもらう事も可能です

弱点は小さいためバッテリーの関係で長時間が難しいのと

映像画素数が少ない、ズーム機能が無いくらいでしょうか?

実際にこの道具のおかげで、隙間から瑕疵を発見したこともあり

表面から経験で感じることを画像で確認出来る可能性が増えたことで

少しでもお家の購入時のトラブルを防ぐことができます。

ホームインスペクションはお家にケチやアラを探すのが仕事では無くて

購入者が現状を把握して後日のトラブルを防ぐ為に実施してます。

先に解っていて購入するのと、購入後発見したのでは気持ちも違います

意外と瑕疵を発見しても購入される方がほとんどです。

断念するより、どうしたら治せるのか、どれくらい費用が掛かるのかを

聞かれる事の方が多いです。

不動産売却時に買主が住宅診断を希望された時は

それほどお家の購入意思が高いと理解して、後日のトラブルが無くなると

前向きに聞いてあげて下さい!

 

ホームインスペクション京都

住宅診断京都

省エネ、耐震、断熱、気密診断

 

関連記事

WEB相談会、WEB打ち合わせ開始します。

ホームインスペクション京都では新型コロナ問題により対人で行っている ホームインスペクションのご相談

記事を読む

新期事業始動開始!

昨年から企画が始まり、4月1日より正式始動しました。 会社名はインスペクション関西LL

記事を読む

日本ホームインスぺクターズ協会 近畿エリア部会長 就任

日本ホームインスペクターズ協会 理事長 長嶋修氏 先日4月12日の日本ホームインスぺク

記事を読む

新築途中検査2017-4

先日新築の足場解体前検査を実施してきました。 建物の大事な役目には人を雨風から守ると言う事があ

記事を読む

補助金申請を嫌がる建設会社は避けましょう・・

今年も京都市ではいろいろな補助金で 市民の快適なお家作りを支援していきます。 弊社では昨年度

記事を読む

13メートルのロッドが大活躍

13メートルあるロッド 棒 自撮り棒?が大活躍しています。 以前であれば3階建ての屋根の上を見

記事を読む

診断道具・・カメ棒(5m)

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニュー

記事を読む

本年もよろしくお願いします。

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 50年近く続いている、

記事を読む

国土交通省発行の資料の中に・・・・

現在全国で開催中で京都では2月末に行われる平成28年度 住宅の取得・改修に関する支援制度説明

記事を読む

キクイムシの被害

最近あまり見なくなりました。 以前はラワンの階段板や窓枠に小さな穴が沢山空いているのを多く見ました

記事を読む

PAGE TOP ↑