*

樋のゴミや苔、詰まり等

中古住宅にも色々あります。

工法が違う・・・木造でも在来や2×4

RC造(鉄筋コンクリート造)やS造(鉄骨造)

建てられた年代等も・・

比較新しい築10年くらいの建物では、一見新築の様の新しい物もあり

どこを見る必要があるのか解らない物もありますが。

当時の工法や手抜きが見つかる事もありますが

年数の割に劣化の始まりが早い物もあります。

立地条件が原因の場合が多いです。

このケースは築10年程なのに外壁に変色が始まっていたりで

立地条件状上風通しが悪く湿気が溜まって居たようで

樋に苔が生えていたり風で飛ばされてきたりで

詰まる寸前でした!

既存住宅状況調査では高所カメラなど使用しないので

この様な不具合を発見出来ません。

このお家の場合問題は

①樋がつまりかけているより・・

②この年数でこの様になる立地条件だと言う事です。

 

ホームインスぺクション京都

住宅診断京都

省エネ診断京都

耐震診断京都

公認ホームインスペクター

外壁診断、屋根診断

高所カメラ診断

松田貞次

中古再創計画 NAOSU

関連記事

不動産業者向けセミナーIN大阪開催しました。

2017年9月25日大阪産業創造館で不動産業者向けセミナーを開催しました。 主催は弊社が参画してい

記事を読む

キクイムシの被害

最近あまり見なくなりました。 以前はラワンの階段板や窓枠に小さな穴が沢山空いているのを多く見ました

記事を読む

外壁の劣化

相談の中に多いもので外壁の劣化があります。 この写真は誰もが見て判断しやすいですが この様な

記事を読む

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合 大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

記事を読む

平成28年度住宅ストック維持・向上促進事業への取り組み開始

弊社が参画している、インスペクション関西が中心に企画している事業 がこのたび採択された事は

記事を読む

本年もよろしくお願いします。

昨年は沢山の方にご依頼を頂きありがとうございました。 ホームインスぺクション京都は少人数で運営

記事を読む

空き家対策措置法ってなに?

昨夜京都市の空き家対策の助成についての説明を聞きに行ってきました。 はっきり言って、まだまだ本気で

記事を読む

気温が下がるとサーモが活躍

ホームインスぺクション(住宅診断)にもいろいろ要望が増えて来ています。 省エネや耐震化が進むと同時

記事を読む

畳下の湿気

築30年以上になるお家のケースです 和室の床がごわごわするというので見に行きました。 畳

記事を読む

構造塾

最近あらためて建築構造の勉強をしています。 決して熊本地震の影響でと言うわけではあ

記事を読む

PAGE TOP ↑