*

コーキングの劣化って・・

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 住宅診断事例

ホームインスペクション(住宅診断)に長く取り組んでいますが

最近モルタル仕上げからサイデイング仕上げの現場が増えて来ました。

よくサイデングの寿命はどれくらいですが?と聞かれますが

おおむねモルタルと同じでメンテナンスを適切に行っていれば50年以上でも

大丈夫では無いかとお答えしています。大事なのは基材の保護塗装の劣化に対して

適切にメンテナンスを出来るかがポイントだと思います。

サイデイング仕上げ場合表面の保護塗装も大事ですが

それ以上にジョイントのコーキング(シーリング)のメンテナンスが大事になります。

外壁より先に劣化が始まるコーキングのタイミングが難しいです。

前にコーキングの不良施工でめくれてしまっているお家について書きましたが

劣化とはどのような状態でしょう?

コーキングが雨風等により劣化して固くなり弾力性能が失われて割れや欠落が生じる現象だと思います

 

写真はコーキングは経年により劣化している状態です。

この状態になればすぐにでも打ち換え等のメンテナンスをおすすめします。

この写真はコーキングの劣化もありますが施工時の問題もあると思います。

(プライマー施工不良によるコーキングの定着不足等)

コーキングがこの様になる前に打ち換えるのが理想ですが

外壁や屋根の塗装とのバランスが問題です。

塗装やさんや工務店に相談するとすぐに見積もりを作って

営業をされると思いますが、本当に今が良いのかが疑問ですよね!

ホームインスぺクション京都ではこのような場合

現場の状況を診断して解りやすく説明させて頂き

一緒に考えて行きたいと思います。

 

外装劣化診断 京都

ホームインスぺクション京都

住宅診断 京都

公認ホームインスぺクター

松田貞次

関連記事

表面が剥がれまくっている現場に遭遇した

凄い瓦の劣化の現場がありました。 写真の様な釉薬瓦の表面が割れたり、剥がれたりしている現象の原

記事を読む

地盤の状態の判断について

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断、耐震改修計画の依頼を受けて 実施しますが、一般的

記事を読む

耐震補強・・外壁や内装はそのままで出来る?

最近地震が多い為か、ホームインスぺクションの依頼と並んで多いのが 耐震診断です。今までは診断と

記事を読む

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合 大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

記事を読む

診断道具・・カメ棒(5m)

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニュー

記事を読む

中古住宅改修工事2016

ホームンスぺクターとして沢山のお仕事を頂くようになりました。 全国規模のSさんやAさん等には数

記事を読む

新建ハウジングプラスワンに掲載されました!

新建ハウジングプラスワンに弊社の取り組みが掲載されました。 4ページに渡り小さな工

記事を読む

腐朽菌大量派生

腐朽菌って知っておられますか? 木材腐朽菌は、木材を腐らせる菌の事を言います。 木材の主な成

記事を読む

住宅ストック維持向上促進事業採択

今年になって、インスペクション仲間と立ち上げた IK「インスペクション関西有限責任事業組合」が

記事を読む

中古住宅再創計画 NAOSU 発表!

中古住宅耐震診断やホームインスペクションに取り組んでいますが診断途中や診断結果をお話する過程で実際に

記事を読む

PAGE TOP ↑