*

断熱材 手抜き工事

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 コラム, 住宅診断, 住宅診断事例

30年目くらいの中古住宅の診断

注文住宅で建てたと売主さんは自信満々との事ですが天井点検口がありません。

だいたい押し入れの天井が空けれたりするのですが・・・

どうしても見て欲しいと言うリクエストで押し入れの天井を空ける許可を得て作業しました。

天井用の断熱材はど真ん中に置いたままで、敷き詰められてません。

以前にも梱包されたまま置いてあった事もありました。

ワザとなのか?忘れていただけなのか不明ですが

ここまではっきりしていると手抜きとしか言えません

30年間工務店を信じていたお客様にとっては

ショックな出来事だと思いますが。

隠れてしまう箇所の些細な手抜きと思われる仕事は

最近でも見られます。

断熱材の不具合は、寒いとか熱いだけでなくて

省エネ効果や光熱費、結露による劣化にもつながります。

その防止の為にもホームインスぺクションほ有効だと思います。

 

公認ホームインスぺクター

省エネ診断、省エネ改修工事

耐震診断、耐震改修工事

ホームインスペクション京都

住宅診断京都

松田貞次

関連記事

HDC神戸リフォームフェア2018

2018年10月14日13時より HDC神戸さんのリフォームイベントに講師とて呼ばれています。

記事を読む

住宅ストック維持向上促進事業採択

今年になって、インスペクション仲間と立ち上げた IK「インスペクション関西有限責任事業組合」が

記事を読む

無意味な耐震補強

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断時に 天井裏や床下に侵入するとこのような補強工事がされ

記事を読む

外壁の劣化

相談の中に多いもので外壁の劣化があります。 この写真は誰もが見て判断しやすいですが この様な

記事を読む

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

リフォームの途中検査は有効だと思います。

弊社は大規模なフォームやリノベーションを得意としています。 その関係で多くの中古住宅を見て来て

記事を読む

屋根裏や床下への侵入口

ホームインスペクション(住宅診断)をする際に床下や屋根裏の診断をお薦めしています。多くのインスペクタ

記事を読む

完成模型作成

設計事務所でもある弊社は設計業務もしています。 今回はゼロエネルギー住宅、長期優良住宅にもかかわら

記事を読む

白蟻の脅威 診断事例 ホームインスぺクション

白蟻は地面から1mしか登らないと言われていました。 新築時に防虫工事を1mしかしないのはその為です

記事を読む

防臭枡の点検について

今回はホームインスぺくクション(住宅診断)での発見みたいなケースではありませんが 中古住宅のホ

記事を読む

PAGE TOP ↑