*

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 コラム, 住宅診断, 住宅診断事例

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合

大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

明らかに雨漏りがあるのに、屋根に外傷が見受けられないケースがあります。

高所カメラや職人さんと屋根に上がって、瓦が割れていたりズレを発見すると

正直なところホッとします!原因がはっきりするからです。

 

天井や小屋裏からおそらくこの辺りに雨漏りの原因があると解って居るときは

瓦をめくってみる時があります。

下記の写真はめくったところです

完全にこの箇所と言う訳では無いですが・・・・

過去に水がまわって防水紙が濡れて、穴が空いている事が解ります。

此れより水上を修理することで止まる可能性が大きくなると推測できます。

ホームインスぺクションでは雨漏りの発見や推測までで

この様に屋根に上っての診断は別になります。

ホームインスペクション京都では住宅改修計画も実施しているので

原因追求まで実施することは可能です。(別費用ですが・・)

中古住宅購入後リフォーム(特に大規模)を計画する場合については

経験値が豊富で、瑕疵が発見された場合や耐震改修や省エネ改修への

出口を持っているホームインスぺクターに依頼される事をおすすめします。

公認ホームインスぺクター

耐震診断士、耐震改修、耐震改修計画

省エネ診断、省エネ診断士、省エネ改修計画

雨漏り診断、雨漏り改修

ホームインスぺクション京都

松田貞次

SADATSUGU MATSUDA

関連記事

空き家対策特別措置法について考える・・ その2

前回はどの様な状態が「特定空き家等」とされるのか書きました。 今回は「特定空き家等」になされる

記事を読む

外壁の劣化 (解体しないと判らない)

先日の改修工事の現場です。 モルタル塗りの上に塗装されている 一般的な仕様です。 矢印の目

記事を読む

開けてびっくり

ますますインスペクションのご依頼が増えて来ていますが、弊社は建築工事会社もしています。

記事を読む

キクイムシの被害

最近あまり見なくなりました。 以前はラワンの階段板や窓枠に小さな穴が沢山空いているのを多く見ました

記事を読む

インスペクションの道具①

ホームインスペクション(住宅診断)を行うに為に多くの道具を使います。 一般的には目視が

記事を読む

地震が対策は出来てますか?

ニュース等では九州や東北等で地震が多発しています。 1995年1月17日 阪神淡路地震

記事を読む

耐震適合証明書発行業務

住宅診断業務(ホームインスペクション)をしてますと 「耐震適合証明書発行出来ますか?」と質問さ

記事を読む

リフォームの途中検査は有効だと思います。

弊社は大規模なフォームやリノベーションを得意としています。 その関係で多くの中古住宅を見て来て

記事を読む

掘削承諾書

中古住宅を購入される場合に、このような書類が必要になる場合があります。 都市計画区域内で家

記事を読む

住宅ストック維持向上促進事業採択

今年になって、インスペクション仲間と立ち上げた IK「インスペクション関西有限責任事業組合」が

記事を読む

PAGE TOP ↑