*

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 コラム, 住宅診断, 住宅診断事例

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合

大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

明らかに雨漏りがあるのに、屋根に外傷が見受けられないケースがあります。

高所カメラや職人さんと屋根に上がって、瓦が割れていたりズレを発見すると

正直なところホッとします!原因がはっきりするからです。

 

天井や小屋裏からおそらくこの辺りに雨漏りの原因があると解って居るときは

瓦をめくってみる時があります。

下記の写真はめくったところです

完全にこの箇所と言う訳では無いですが・・・・

過去に水がまわって防水紙が濡れて、穴が空いている事が解ります。

此れより水上を修理することで止まる可能性が大きくなると推測できます。

ホームインスぺクションでは雨漏りの発見や推測までで

この様に屋根に上っての診断は別になります。

ホームインスペクション京都では住宅改修計画も実施しているので

原因追求まで実施することは可能です。(別費用ですが・・)

中古住宅購入後リフォーム(特に大規模)を計画する場合については

経験値が豊富で、瑕疵が発見された場合や耐震改修や省エネ改修への

出口を持っているホームインスぺクターに依頼される事をおすすめします。

公認ホームインスぺクター

耐震診断士、耐震改修、耐震改修計画

省エネ診断、省エネ診断士、省エネ改修計画

雨漏り診断、雨漏り改修

ホームインスぺクション京都

松田貞次

SADATSUGU MATSUDA

関連記事

スキマや入れない箇所も見たい時があります

基本的にインスぺクション(住宅診断)は目視が基本です。 特殊な機材を用いてするときはオプション

記事を読む

腐朽菌大量派生

腐朽菌って知っておられますか? 木材腐朽菌は、木材を腐らせる菌の事を言います。 木材の主な成

記事を読む

お手入れは大事です! 草むしり編

自宅の草むしりをしました。 私の家の玄関先にはインターロッキングで敷きつめられたガレージがあり

記事を読む

基礎のレベルが取れていない?

新築数年の住宅診断(ホームインスぺクション)した時の事です 1.引き渡しを受けて数年住んでいる

記事を読む

ホームインスぺクション協会の会報誌に掲載

インスぺクション会報誌10月 日本ホームインスペクターズ協会の会報誌10月号に私の記事

記事を読む

樋のゴミや苔、詰まり等

中古住宅にも色々あります。 工法が違う・・・木造でも在来や2×4 RC造(鉄筋コンクリー

記事を読む

開けてびっくり

ますますインスペクションのご依頼が増えて来ていますが、弊社は建築工事会社もしています。

記事を読む

竹や木の根っこ強し!

中古住宅の床下に侵入した時の写真です。 床上からは解りません お住まいの方も知らなかった

記事を読む

気密測定をしてみました!

ホームインスぺクション(住宅診断)をしていると 耐震についての話しが多かったのですが こ

記事を読む

建物検査(ホームインスぺクション)の認知・利用状況 2013

現在ホームインスペクションの利用者はまだまだ少ない状況です。 私が言うインスぺクションは買主からの

記事を読む

PAGE TOP ↑