*

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

公開日: : 最終更新日:2022/04/22 コラム, 住宅診断, 住宅診断事例

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合

大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

明らかに雨漏りがあるのに、屋根に外傷が見受けられないケースがあります。

高所カメラや職人さんと屋根に上がって、瓦が割れていたりズレを発見すると

正直なところホッとします!原因がはっきりするからです。

 

天井や小屋裏からおそらくこの辺りに雨漏りの原因があると解って居るときは

瓦をめくってみる時があります。

下記の写真はめくったところです

完全にこの箇所と言う訳では無いですが・・・・

過去に水がまわって防水紙が濡れて、穴が空いている事が解ります。

此れより水上を修理することで止まる可能性が大きくなると推測できます。

ホームインスぺクションでは雨漏りの発見や推測までで

この様に屋根に上っての診断は別になります。

ホームインスペクション京都では住宅改修計画も実施しているので

原因追求まで実施することは可能です。(別費用ですが・・)

中古住宅購入後リフォーム(特に大規模)を計画する場合については

経験値が豊富で、瑕疵が発見された場合や耐震改修や省エネ改修への

出口を持っているホームインスぺクターに依頼される事をおすすめします。

公認ホームインスぺクター

耐震診断士、耐震改修、耐震改修計画

省エネ診断、省エネ診断士、省エネ改修計画

雨漏り診断、雨漏り改修

ホームインスぺクション京都

松田貞次

SADATSUGU MATSUDA

関連記事

サーモグラフィー(赤外線サーマルイメージングカメラ)

住宅の検査には色々な事項があります。 通常の検査では使用しませんが、断熱や雨漏り等の検査時に使用す

記事を読む

高所用カメラ パート2

新しい診断用の道具を導入しました。 屋根等の高所を撮影できるカメラです。 カメラ本体と画

記事を読む

屋根裏や床下への侵入口

ホームインスペクション(住宅診断)をする際に床下や屋根裏の診断をお薦めしています。多くのインスペクタ

記事を読む

気密測定をしてみました!

ホームインスぺクション(住宅診断)をしていると 耐震についての話しが多かったのですが こ

記事を読む

ホームインスペクションセミナー開催

今年もやります、一般消費者様向けホームインスペクションセミナー 前年度は初回にも関わらず多くの方が

記事を読む

診断道具・・カメ棒(5m)

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニュー

記事を読む

表面が剥がれまくっている現場に遭遇した

凄い瓦の劣化の現場がありました。 写真の様な釉薬瓦の表面が割れたり、剥がれたりしている現象の原

記事を読む

おおさか住まい情報センターコラボ企画(ホームインスペクションセミナー)

2月21日(土) おおさか住まい情報センター様とホームインスペクターズ協会近畿支部とのコラボ企

記事を読む

耐震診断・耐震改修計画派遣事業 京都市

ホームインスぺクション京都では耐震診断もおこなっています。 と・・・言うより積極的に取り組

記事を読む

白蟻被害の季節です・・・

長い冬がおわり、暖かくなってくると 気持ち良い季節になり活動したくなりますが・・ https

記事を読む

PAGE TOP ↑