*

白蟻被害 畳下で発見

公開日: : コラム, 住宅診断, 住宅診断事例

弊社の行うホームインスペクション(住宅診断)は

基本的に床下や小屋裏に侵入して行います。

しかし政府主導の既存住宅状況調査では床下に侵入しての調査はありません

まして畳をはがしてあげて見ることはありません

今回は畳の痛みも酷いので上げて見ると

見事なほどに白蟻被害が広がっていました。

然しながら、土台や柱には防虫工事がされていたのか

これから広がるところだったのか?柱や土台には大きな被害は無く

畳を上げて見ないと発見出来ていなかったかも知れません。

この段階で発見できたことにより、リフォームの予算に

防虫防蟻や予備費も経常したうえでお家を購入されました。

購入してからとか・・リフォームを初めてからとか・・では

ショックも多く騙された感とか・・反省したりで、リフォームが楽しくありません。

ホームインスペクション(住宅診断)は瑕疵を発見したから購入を辞めるのでなくて

予めお家のコンデイションを理解しておくと、購入後上手に立ち回れる為に実施します。

実際に雨漏りやシロアリを発見しても購入されるケースが多いです。

購入を見送られるのは、瑕疵が無いと聞いていたのに、発見したとか

そもそも欠陥住宅とかのケースが多いです。

瑕疵を見つけて騒ぎ立てる、正義の味方風なインスペクターは危険です

依頼者は少なくとも立地条件、間取り、価格を総合して評価して購入されます

予算も時間も際限なくあれば新築、注文住宅の方が良いでしょう

そのなかで中古住宅を見つけて、リフォームして予算内なら購入しようと

希望を持ってインスペクターに依頼されます。

また売る主様が愛着を持ってお住まいの場合もあります

その物件に対して瑕疵があるとは言え鬼の首を取ったような報告は

どうかな?と思います。

然しながら見つけて報告することも私たちの大事な仕事です。

弊社では常に第三者の立場で冷静に報告するように心がけています。

 

公認ホームインスぺクター

ホームインスペクション京都

住宅診断京都

省エネ診断、耐震診断京都

省エネ改修計画、耐震改修計画

松田貞次

 

 

関連記事

地域によって違う建築様式

先日NPO法人日本ホームインスぺクターズ協会の総会に近畿エリアの代表として 出席する為に北海道、札

記事を読む

秀光ビルドさんのお家を検査

先日秀光ビルドさんが建てたお家の検査、インスぺクションに行ってきました。 気になる箇所は無いみたい

記事を読む

no image

弊社お預かり物件2016・6

弊社のお預かり物件です。 現在弊社で新居を建築中で7月いっぱいくらいの完成ですので それ

記事を読む

雨の日に確認出来る事!

インスペクションで雨の日に確認出来る事があります。 それは雨漏りにはなっていないが

記事を読む

中古住宅再販に追い風

15年度の税制制度の大枠が発表され始めました。 建築関係で言うとエコポイントの復活等があるようです

記事を読む

自分で出来るご自宅チェックその1

専門家に依頼するきっかけにでなればと思い 素人でも出来る簡単なチェックを書いてみます。 まず

記事を読む

今年も合格発表!

先日JSHI公認ホームインスペクター資格試験の合格発表がありました! 今年も仲間が増えました!

記事を読む

過剰サービスの是非(何が本当に必要なのか?インスぺクターから見た感想)

昨今運送会社のサービス過剰で働く人の労働について問題になっています。 サービスを提供しているのは企

記事を読む

蜂の巣発見!

お客様より樋の中から蜂が出てくるとお電話がありました。 「樋の中?」「そんなん雨が降ったら流れ

記事を読む

蜂の巣退治完了

前回報告させて頂いた樋の中の蜂の巣 8月中旬の長雨や豪雨でてっきり流されていたのかと思ってましたが

記事を読む

PAGE TOP ↑