*

詐欺行為に注意!! 訪問セールスに良い業者はいません!

2023年元日に能登半島を中心に大地震が発生し、京都でも震度3-4を観測しました。

このような自然災害が発生すると、詐欺行為が行われることがあります。

被災地での弱みにつけ込んだ詐欺行為は、人間が行うべきではない行為です。

詐欺には様々な種類がありますが、

中でも直接詐欺は被害者の家に訪問し

屋根や床下に入り込んで大げさな表現や違う家の被害の写真を見せたり

瓦をめくったりして多額な費用を要求する行為です。

このような場合は、訪問してきた業者を屋根や家に上げず、断りましょう。

忙しい時にわざわざ訪問までしてくる業者には、良い業者はいないと考えてください。

また、保険金詐欺も多発しています。

業者が宣伝や訪問で火災保険を申請させて行う詐欺まがい行為です。

本当に地震や台風で起こった損害なら、迷わず申請しましょう。

しかし、瑕疵や劣化で災害前から存在していた個所を

いかにもその災害時に出来たと嘘そつかせて申請させる手口もあります。

宣伝で「屋根や外壁の修理を補助金や保険で治せます」と語っているのは、ほぼその様な業者です。

原因が無い自然劣化や瑕疵の修理に国の補助金や損害保険は適用されません。

酷い業者の場合は、損害保険の代行をして、その代行手数だけ取る所や、

損害保険の費用を直接業者の口座に振り込ませて、修理をしないところもあります。

また、通常価格より多額な見積もりを書いて、ぼったくる業者もいます。

損保会社や行政だから騙しても大丈夫ではありません。

それはまさしく詐欺行為です。

冷静に対応される事をおすすめします。

芸能人が宣伝していたこともあるので、ホームページが存在するからと言っても信用しないようにしましょう。

迷われたら是非弊社までご操舵してください。

 

 

 

関連記事

診断事例・・窓周りからの水の侵入

既に御購入後のメンテナンス計画の為のホームインスぺクションの依頼でした。 購入はしたが家の

記事を読む

無意味な耐震補強

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断時に 天井裏や床下に侵入するとこのような補強工事がされ

記事を読む

開けてびっくり

ますますインスペクションのご依頼が増えて来ていますが、弊社は建築工事会社もしています。

記事を読む

省エネ・断熱リフォームの推進・・環境省

高断熱・高気密の断と密とかけて壇密さんをイメージキャラクターに・・・ なんか役人が考えそうな発

記事を読む

自分で出来るご自宅チェックその1

専門家に依頼するきっかけにでなればと思い 素人でも出来る簡単なチェックを書いてみます。 まず

記事を読む

住宅ローン減税を受けるには省エネ性能が必須に!

建築物省エネ法改正により 2025年4月より住宅・非住宅の新築時には 仕

記事を読む

高所用カメラ パート2

新しい診断用の道具を導入しました。 屋根等の高所を撮影できるカメラです。 カメラ本体と画

記事を読む

2018-10 神戸DHCリフォームフェア 講演

2018年10月14日神戸DHCリフォームフェアにて講演 2日間のオープンスペースでのセミナーの講

記事を読む

雨の日に確認出来る事!

インスペクションで雨の日に確認出来る事があります。 それは雨漏りにはなっていないが

記事を読む

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

PAGE TOP ↑