*

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も

色んな方法を使って住宅の診断を行います。

また色んなお客様の悩みの解決や要望にもお答えしていきたいと考えています。

ホームインスぺクションの基本は「目視」、国土交通省の言う現況検査員が行うホームインスぺクションも

基本目視診断、小屋裏や床下も点検口からの目視が基本です。

目視で診断できる内容は限られます、また診断士個人の経験などのスキルのバラつきの対策はありません。

ホームインスぺクション京都は過去のインスぺククションの実績と改修工事管理の実績により蓄えられた

スキルがある上に、小屋裏や床下も出来る限り侵入することにを基本に診断しています。

またいろいろな機材も使い診断内容に深みと正確さを追求しています。

このサーモもあくまで非破壊検査なので、あくまで推測にすぎませんがヒントになること違いありません。

筋交いの位置や間柱の位置、断熱材の有無、熱橋を判断することにより、耐震診断や

改修(リフォーム)する場合の

アドバイスも出来ます。

ホームインスぺクション京都
住宅診断京都

耐震診断京都

写真 2017-06-09 12 55 49

関連記事

下から見て綺麗に見えても・・瓦

基本的には屋根の上はホームインスぺクション(住宅診断)の内容には 含まれない事が多いようです。

記事を読む

高所カメラ ドローンより便利!

弊社のホームインスぺクション(住宅診断)をお受けするときには 出来る限り、小屋裏診断、床下診断

記事を読む

ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナー

2月27日 NPO ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナーが開催されました。

記事を読む

自分で出来るご自宅チェックその1

専門家に依頼するきっかけにでなればと思い 素人でも出来る簡単なチェックを書いてみます。 まず

記事を読む

無意味な耐震補強

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断時に 天井裏や床下に侵入するとこのような補強工事がされ

記事を読む

構造塾

最近あらためて建築構造の勉強をしています。 決して熊本地震の影響でと言うわけではあ

記事を読む

診断道具・・カメ棒(5m)

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニュー

記事を読む

掘削承諾書

中古住宅を購入される場合に、このような書類が必要になる場合があります。 都市計画区域内で家

記事を読む

クロスの染み 原因が特定出来ない例・・

リフォーム後4年位のお家のトイレのクロスに染みが出来ていました。 クロスの染みの原因の多くは 1

記事を読む

長年の間湿気が・・・ダクトの接続わすれ・・

先日行ったホームインスぺクション(住宅診断) 注文住宅を20年ほど前に建築されました。

記事を読む

PAGE TOP ↑