*

赤外線(サーモ)センサーの使い方

公開日: : 最終更新日:2018/02/27 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 住宅診断事例

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も

色んな方法を使って住宅の診断を行います。

また色んなお客様の悩みの解決や要望にもお答えしていきたいと考えています。

ホームインスぺクションの基本は「目視」、国土交通省の言う現況検査員が行うホームインスぺクションも

基本目視診断、小屋裏や床下も点検口からの目視が基本です。

目視で診断できる内容は限られます、また診断士個人の経験などのスキルのバラつきの対策はありません。

ホームインスぺクション京都は過去のインスぺククションの実績と改修工事管理の実績により蓄えられた

スキルがある上に、小屋裏や床下も出来る限り侵入することにを基本に診断しています。

またいろいろな機材も使い診断内容に深みと正確さを追求しています。

このサーモもあくまで非破壊検査なので、あくまで推測にすぎませんがヒントになること違いありません。

筋交いの位置や間柱の位置、断熱材の有無、熱橋を判断することにより、耐震診断や

改修(リフォーム)する場合の

アドバイスも出来ます。

ホームインスぺクション京都
住宅診断京都

耐震診断京都

写真 2017-06-09 12 55 49

関連記事

樋のゴミや苔、詰まり等

中古住宅にも色々あります。 工法が違う・・・木造でも在来や2×4 RC造(鉄筋コンクリー

記事を読む

開けてびっくり

ますますインスペクションのご依頼が増えて来ていますが、弊社は建築工事会社もしています。

記事を読む

建物検査(ホームインスぺクション)の認知・利用状況 2013

現在ホームインスペクションの利用者はまだまだ少ない状況です。 私が言うインスぺクションは買主からの

記事を読む

屋根診断 瓦

築30年ほどのお家です。 きつい雨の時だけ雨漏りがするということで見に行きました。 30

記事を読む

白蟻の脅威 診断事例 ホームインスぺクション

白蟻は地面から1mしか登らないと言われていました。 新築時に防虫工事を1mしかしないのはその為です

記事を読む

中古住宅を購入して 住みたい空間にリフォーム

ハウスメーカーで建築された2×4構造の中古の家を購入して開放感のある間取りに変えたい。アンティーク風

記事を読む

13メートルのロッドが大活躍

13メートルあるロッド 棒 自撮り棒?が大活躍しています。 以前であれば3階建ての屋根の上を見

記事を読む

タイアップ事業採択 京(みやこ)安心すまいセンター

9月に正式発表や広報がありますが、所属団体で京都ブロック長を仰せつかっている 日本ホームインスぺク

記事を読む

検査道具・・木材含水率計測器

診断検査道具に含水率計測器があります。 文字通り木材に含まれる水分を測るのですが、

記事を読む

適合証明技術者(フラット35)

今年度より適合技術者に認定された事により フラット35の適合証明の発行が可能となりました。

記事を読む

PAGE TOP ↑