*

開けてびっくり

公開日: : 最終更新日:2016/06/30 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 雑記

写真 2015-12-15 8 21 53
写真 2015-12-15 8 19 22

ますますインスペクションのご依頼が増えて来ていますが、弊社は建築工事会社もしています。

先日御客様の依頼で勝手口のドアの取っ手の部分が交換出来ないか依頼がありました。

普通であれば交換は可能ですので見積もりを提出して交換することになりました。

然しながら、開けてびっくり中身が腐って無くなり芯が無い以上取り付けが出来ません。

このドアは表裏は金属でしっかりしているように見えますが、中身はハニカム構造で

取っ手の部分に補強が入っているだけでです。

外部にも使用できるはずですが、雨ざらしのケースは使わない方がいいですね。

それと・・見た目で判断してしまった私の失敗です。

やはり中身を見て判断する事が大事と感じた失敗例でした。

家も同じ、見た目綺麗でも、床下や天井裏、壁の中で劣化が進行していたり

瑕疵があったりします。

ホームインスペクション(住宅診断)は大事です!

ホームインスペクション京都
公認ホームインスぺクター
松田貞次

京都でのホームインスペクション
ホームインスペクション 京都
ホームインスペクションのご依頼に迷ったら一度ご相談して下さい
地方のホームインスペクションも受け賜わります。

関連記事

今年も合格発表!

先日JSHI公認ホームインスペクター資格試験の合格発表がありました! 今年も仲間が増えました!

記事を読む

中古住宅診断でレベル測定

ホームインスぺクション(住宅診断)を実施するとき 床や壁のレベル測定をします。 その時に

記事を読む

緊急出動!雨漏り調査

台風や豪雨が等が続くと雨漏りの案件が増えます。 雨漏りは原因を追及さえ出来れば止める事は比較的

記事を読む

畳下の湿気

築30年以上になるお家のケースです 和室の床がごわごわするというので見に行きました。 畳

記事を読む

地域と共に

ホームインスペクション京都 有限会社マツユウ住宅の母体はもともと地場工務店です。 地

記事を読む

日本ホームインスぺクターズ協会 近畿エリア部会長 就任

日本ホームインスペクターズ協会 理事長 長嶋修氏 先日4月12日の日本ホームインスぺク

記事を読む

中古住宅の資産の活性化が日本を救う!

日本の土地建物の固定資産の多くはこれからリタイヤ世代と言うか 高齢化世代が所有していると言っても過

記事を読む

気温が下がるとサーモが活躍

ホームインスぺクション(住宅診断)にもいろいろ要望が増えて来ています。 省エネや耐震化が進むと同時

記事を読む

HDC神戸リフォームフェア2018

2018年10月14日13時より HDC神戸さんのリフォームイベントに講師とて呼ばれています。

記事を読む

外壁の劣化

相談の中に多いもので外壁の劣化があります。 この写真は誰もが見て判断しやすいですが この様な

記事を読む

PAGE TOP ↑