*

下から見て綺麗に見えても・・瓦

基本的には屋根の上はホームインスぺクション(住宅診断)の内容には

含まれない事が多いようです。

既存住宅現況検査の場合は屋根上も下からの目視

床下も点検口からの目視

小屋裏も点検口からの目視

既存住宅現況監査は瑕疵保険に入れることが目的なので

悪く言えば、見つからないほうが良いみたいです。

ホームインスペクション京都では基本床下、小屋裏診断を標準化しています。

またサービスで屋根上も見るようにして、出来る限り瑕疵や欠陥、劣化を見つけます。

写真の様な瓦のズレは下からは見えませんでした。

カメラを上げて見て解ったので、すぐに修理されました。

売主様にも買主様にも喜んで頂いたケースです。

あまり興味のない不動産業者さんでは、ホームインスペクションを

実施する事を嫌がられる事がありますが・・・

ほとんどのケースで、購入前に、契約前に解って良かったと言って頂き

そのまま購入されるケースが多いです。

後日のトラブルが無いようにする事が目的の住宅診断です。

積極的に実施される事をおすすめします。

 

ホームインスペクション京都

住宅診断京都

耐震診断京都

省エネ診断京都

公認ホームインスペクター

松田貞次

 

 

関連記事

インスペクションの道具①

ホームインスペクション(住宅診断)を行うに為に多くの道具を使います。 一般的には目視が

記事を読む

空き家対策措置法ってなに?

昨夜京都市の空き家対策の助成についての説明を聞きに行ってきました。 はっきり言って、まだまだ本気で

記事を読む

地盤の状態の判断について

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断、耐震改修計画の依頼を受けて 実施しますが、一般的

記事を読む

この様なインスペクション業者に依頼しますか?

今年の4月に宅建業法改正により既存住宅状況調査が始まりました。 国土交通省はこれをホームインスぺク

記事を読む

中古住宅再販に追い風

15年度の税制制度の大枠が発表され始めました。 建築関係で言うとエコポイントの復活等があるようです

記事を読む

新期事業始動開始!

昨年から企画が始まり、4月1日より正式始動しました。 会社名はインスペクション関西LL

記事を読む

適合証明技術者(フラット35)

今年度より適合技術者に認定された事により フラット35の適合証明の発行が可能となりました。

記事を読む

中古住宅の資産の活性化が日本を救う!

日本の土地建物の固定資産の多くはこれからリタイヤ世代と言うか 高齢化世代が所有していると言っても過

記事を読む

京都市 A様 中古住宅 

構造等 中古木造住宅 時期  契約前 現状  居住中 A様のご依頼は気に

記事を読む

白蟻被害 畳下で発見

弊社の行うホームインスペクション(住宅診断)は 基本的に床下や小屋裏に侵入して行います。

記事を読む

PAGE TOP ↑