*

金物を入れたら大丈夫?耐震について・・

熊本地震の直後に現地に耐震についての視察に参加する機会がありました。

建築基準法を守っているのに倒壊した建物を見ることが出来る貴重な機会でした。

1階が座屈してしまい、2階が押しつぶしてしまった現場です。

1回目の地震にはかろうじて耐えて身を守る事は出来たようですが

2回目以降にこの様な感じになった様です(あくまで聞いた話です)

現在の建築基準法は震度7に一回だけ耐えうる強度しかありません。

ようするに、深度7の地震の跡は、調査をして補強などしないと使用してはいけないと言う事です。

然しながら現在でも多くの木造住宅はこの基準をもとに建てられ続けています。

弊社は京都の条例をもとに簡易構造計算はしてお家を建てています。

長期優良住宅やZEH、3階建ては許容応力計算をしてお客様との相談をしながら

1.5倍や1.25倍の強度の建物を作っています(予算や地域等を考慮しながら納得して頂く事が大事です。)

さて題目の金物は入れたら大丈夫か?ですが・・

写真の様のにホールダウン金物(基礎から柱に直接取付、柱の引き抜きに対応する金物です)

が見事に柱からとれてしまっています。

結論から言えば金物は大事です、でも完全ではありません。

耐震補強の話をすると一部の大工さんや見識の無い工務店、不動産業者は壁を構造用合板や

金物で固めたら補強と勘違いしています。

確かに補強していますし、弱い所に適格に補強していれば良いのですが

結局はバランスなんです。

熊本城が倒壊しなかったのは、基礎が強かった訳でも耐震壁があった訳ではありません。

揺れながらバランスを保ち、揺れることで力を分散していたようです。

特に中古住宅を補強する場合全面的に基礎や壁を解体するのであれば

全体をバランスよく補強すればいいです

でも一部の場合や基礎の補強が出来ない場合や無い場合は

上部だを固めてもこの建物のように座屈やバランスを崩して倒壊してしまう

可能性があります。

その場合などはバランスを取るのですが、この辺りは経験豊富な

工事業者や設計士に依頼して考察しないと難しいです。

 

ホームインスぺクション京都

耐震診断京都

省エネ診断京都

公認ホームインスペクター

木造耐震診断士

松田

関連記事

防臭枡の点検について

今回はホームインスぺくクション(住宅診断)での発見みたいなケースではありませんが 中古住宅のホ

記事を読む

日本ホームインスぺクターズ協会 近畿エリア部会長 就任

日本ホームインスペクターズ協会 理事長 長嶋修氏 先日4月12日の日本ホームインスぺク

記事を読む

地域によって違う建築様式

先日NPO法人日本ホームインスぺクターズ協会の総会に近畿エリアの代表として 出席する為に北海道、札

記事を読む

気密測定をしてみました!

ホームインスぺクション(住宅診断)をしていると 耐震についての話しが多かったのですが こ

記事を読む

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

最近大阪に良く会議に行きます。 理由の 1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている

記事を読む

中古の住宅診断の義務化は早急すぎないか?

中古の住宅診断の義務化は必要か? 先日の日経の一面に中古住宅の販売時に住宅診断(ホームインスペ

記事を読む

ホームインスペクション京都の住宅診断への考え方1(中古住宅診断)

ホームインスペクション京都のインスぺクションへの考え方について 詳しく書いていきたいと

記事を読む

足元は寒いです。

サーモグラフィーの使用実例です。 色の黒い濃い箇所が温度が低く 赤く明るい箇所が温度が高

記事を読む

外壁のシーリング劣化?施工不良?

最近はモルタル仕上げの上に塗装壁よりサイデング仕上げのお家が増えてきました。 それに伴ってホームイ

記事を読む

過剰サービスの是非(何が本当に必要なのか?インスぺクターから見た感想)

昨今運送会社のサービス過剰で働く人の労働について問題になっています。 サービスを提供しているのは企

記事を読む

PAGE TOP ↑