*

アスベストって木造住宅に使われてるの?

公開日: : 最終更新日:2022/06/25 お知らせ, コラム, 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断

2022年4月1日着工の工事よりアスベスト(石綿)の有無の事前調査結果の報告が

施工業者に(元請事業者)の義務になりました!

難しい話はここでは書きませんが・・

普通の住宅のリフォーム工事を行う時に

請負代金が100万以上になる場合に報告義務があります。

しかも、建築物石綿含有建材調査員の資格保有者が

行う必要があるのです。

 

実務上で言えば・・工事業者が見積もりや設計者が聞き取り調査の時点で

調査しておかないと工事内容や見積もりに大きく影響します。

本当にこんな内容で普及するのだろうか?と考えてしまいましたが・・・

コンプライアンスやルールを大事にするお客様に早速対応できるように

講習を受けて来ました。

経験上

木造住宅で言えば見える個所に吹き付けてあり、露出している

アスベストが使用されているケースはほとんど無いと思います。

逆に古い建物では、屋根のカラーベストやサイデイングに中に

アスベストが含まれている可能性は大きいです

また内装のPタイルと言われる物も可能性はあります。

調査内容によって対策や、特に解体費用に大きな影響が

あるので慎重に工事会社を選んでください。

このアスベストの話をして「お金が掛かるからやめましょう」とか

そもそも知らないとか言う業者は怖いのでやめましょう。

結局困るのはお施主様です。

実感としては普及んはまだまだ時間が掛かる気はしますが

知識として知っているか、知らないかでは違うので

適切な対応を心掛けたいと思います。

 

ホームインスペクション京都

耐震診断京都

一戸建て等石綿含有建材調査員 京都

省エネ調査員

耐震改修計画、省エネ改修計画

中古住宅再創計画 「NAOSU」

公認ホームインスペクター

松田貞次

 

関連記事

不動産業者向けセミナー 講師

平成30年4月施行の宅建業法改正について知りたい インスぺクションって? 業法改正後のト

記事を読む

WEB相談会、WEB打ち合わせ開始します。

ホームインスペクション京都では新型コロナ問題により対人で行っている ホームインスペクションのご相談

記事を読む

雨漏りと結露(小屋裏野地板の染みについて考察)

断熱診断、省エネ診断、省エネ住宅、省エネ改修工事を行うことが多くなって その様な依頼の中に、他

記事を読む

今年も合格発表!

先日JSHI公認ホームインスペクター資格試験の合格発表がありました! 今年も仲間が増えました!

記事を読む

蜂の巣発見!

お客様より樋の中から蜂が出てくるとお電話がありました。 「樋の中?」「そんなん雨が降ったら流れ

記事を読む

耐震診断士派遣事業平成29年度 京都市

今年度も京都市では耐震診断派遣事業を開始しました。 木造住宅の耐震化は国をあげての事業で全国の地自

記事を読む

ペアガラスの中に水を発見

省エネ住宅、省エネ改修等 新築でも改修工事でもガラスと言えばペアガラス トリプルガラスも出て

記事を読む

お家の下の土質をご存知ですか?

新築工事の工程管理の様子です。 最近は地盤調査が常識化しています(しない工務店はあやしいですよ

記事を読む

ホームインスペクション京都の住宅診断への考え方1(中古住宅診断)

ホームインスペクション京都のインスぺクションへの考え方について 詳しく書いていきたいと

記事を読む

サーモグラフィー(赤外線サーマルイメージングカメラ)

住宅の検査には色々な事項があります。 通常の検査では使用しませんが、断熱や雨漏り等の検査時に使用す

記事を読む

PAGE TOP ↑