*

優良住宅ストック維持・向上促進協議会って・・何?

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 コラム, 中古住宅再創計画 NAOSU(なおす), 住宅診断, 雑記

最近大阪に良く会議に行きます。
理由の
1つ目はホームインスペクターの発展と普及を目的としている
NPO法人日本ホームインスぺクターズ協会近畿支部の役員として例会の設営や運営と勉強会です。
(本来なら〇〇〇事務所さんの大阪支店?FCのお店があるので、そこの人が運営するのでしょうが、運営どころか
何故か勉強会すら来れれないので、個人的には一緒の組織とは思っていません、消費者様協会の勉強会に参加もしてないので
気をつけて下さいね)

2つ目はその協会の中でも意識も知識も高いメンバーで立ち上げたインスペクション関西LLPの会議です。
まだまだホームインスぺクションは未熟な業界でスタンダードもまちまちで、私から見れな書く会社が独自で進んでいる状態です。
レベルの高いホームインスぺクションに取り組んで行く為に組織しました。

3つ目に今回立ち上げった協議会があります。国土交通省の肝いりで、優良中古住宅のストックに対しての取り組み
対して補助が降りて、インスペクション関西LLPが主管となり採択されました。

doc00874320161017101741_001

doc00874420161017101759_001

ホームインスぺクション京都を5年前に立ち上げ
まわりには「ホームインスペクションて何?」と言われながらも
中古住宅の再生に取り組んできました、ここにきて脚光を浴びつつありますが
私はこの波はブームに近い物と感じて、返って危機感を持っています。
この波にのまれること無く、お客様の方を向いて今まで通り確実に取り組んでいきます。

ホームインスぺクション、住宅診断、中古住宅診断
中古住宅再創計画「NAOSU」

公認ホームインスぺクター
ほーむインスペクション京都
代表者 松田貞次

関連記事

地元企業家の会で報告者

先日地元の企業家で作る勉強会で報告者を務めました! 題目は「創業50年何を創り何を残すのか?」

記事を読む

診断道具・・カメ棒(5m)

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニュー

記事を読む

蜂の巣退治完了

前回報告させて頂いた樋の中の蜂の巣 8月中旬の長雨や豪雨でてっきり流されていたのかと思ってましたが

記事を読む

中古住宅診断(ホームインスペクション)事例報告セミナー

私は現在 NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 本部理事、近畿エリア部会長も務めてい

記事を読む

ホームインスぺクション実地研修 大阪

本日日本ホームインスぺクターズ協会近畿支部主催の ホームインスぺクション(住宅診断)実地研

記事を読む

金物を入れたら大丈夫?耐震について・・

熊本地震の直後に現地に耐震についての視察に参加する機会がありました。 建築基準法を守っているの

記事を読む

外壁のシーリング劣化?施工不良?

最近はモルタル仕上げの上に塗装壁よりサイデング仕上げのお家が増えてきました。 それに伴ってホームイ

記事を読む

蜂の巣発見!

お客様より樋の中から蜂が出てくるとお電話がありました。 「樋の中?」「そんなん雨が降ったら流れ

記事を読む

建て起こしの壁

京都のような間口の狭い敷地が多いと隣家との壁と壁の隙間がほとんどないケースがあります。

記事を読む

足元は寒いです。

サーモグラフィーの使用実例です。 色の黒い濃い箇所が温度が低く 赤く明るい箇所が温度が高

記事を読む

PAGE TOP ↑