*

空き家対策措置法について考える    その1

公開日: : コラム, 空き家対策

CIMG4035
今回から数回にわたって詳しく解説をしていきます、それくらい消費者の皆様に身近で重要な法律だと思うのですが
イマイチ浸透していません。解説から対策方法まで書いていきますので少しでもお役に立てればと考えています。

そもそも何故空き家対策が必要になって来たのか、その目的から考える事がこの法律を理解するのに必要な事だと思いますのでそこから書いていきます。
★空き家の定義「建築物またはこれに付属する工作物であって、居住その他の使用がなされないことが常態であるのも及びその敷地」とされていますがそれだけでは問題はありません。空き家になる事でどの様な問題が発生してくるかと言うと・・・

1倒壊等著しく保安上危険 ・・・人が住まない事に雨が漏っていたり白蟻等の被害があったり、また外敵によって破壊されていても解らないので屋根や外壁が剥がれて落ちてきたりして通行人や周りに悪影響がある可能性があります。

2著しく衛生上有害なおそれ・・・浄化槽や汚水枡や配管の破損やごみ等の不法投棄場所になる可能性もあり周りに衛生上影響や奇獣・害虫の発生や増殖の場所となりうる。

3適切な管理が行われてないことにより著しく景観を損なっている状態・・・京都等であれば景観計画や見た目に周りの住民に不安等を与える状態である

4その他周辺の生活環境の保全を図る為に放置が不適切である状態・・・周りから空き家と判断されれば不法侵入者等を招きやすいですし、放火等を誘う要因にもなります。植栽が道路や隣家に影響を与えることもあります。

以上の4点は特定空き家等の要件にもなります!

空き家管理や活用方法の御相談にも応じています!お気軽にお声をかけて下さい。

関連記事

余震に注意!

弊社ホームインスぺクション京都(有限会社マツユウ住宅)は 京都南部に位置していて今回の地震に近い場

記事を読む

自然の力・・木の根編

排水が流れないとのお問い合わせに行った時の事例です。 完全に流れないわけでは無いのです

記事を読む

構造塾

最近あらためて建築構造の勉強をしています。 決して熊本地震の影響でと言うわけではあ

記事を読む

地域によって違う建築様式

先日NPO法人日本ホームインスぺクターズ協会の総会に近畿エリアの代表として 出席する為に北海道、札

記事を読む

高所用カメラ パート2

新しい診断用の道具を導入しました。 屋根等の高所を撮影できるカメラです。 カメラ本体と画

記事を読む

金物を入れたら大丈夫?耐震について・・

熊本地震の直後に現地に耐震についての視察に参加する機会がありました。 建築基準法を守っているの

記事を読む

外壁のシーリング劣化?施工不良?

最近はモルタル仕上げの上に塗装壁よりサイデング仕上げのお家が増えてきました。 それに伴ってホームイ

記事を読む

キクイムシの被害

最近あまり見なくなりました。 以前はラワンの階段板や窓枠に小さな穴が沢山空いているのを多く見ました

記事を読む

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合 大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

記事を読む

中古住宅診断(ホームインスペクション)事例報告セミナー

私は現在 NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 本部理事、近畿エリア部会長も務めてい

記事を読む

PAGE TOP ↑