*

適合証明技術者(フラット35)

公開日: : お知らせ, 住宅診断, 耐震診断, 雑記

今年度より適合技術者に認定された事により

フラット35の適合証明の発行が可能となりました。

適合技術者って・・よく似た名前が多くて混乱しますよね!

適合証明

既存住宅状況調査技術者とよく似ていますが調査出来る事は違います

既存住宅状況調査員は国土交通省が考えるホームインスぺクション(住宅調査)です。

何が出来るかと言うと、中古住宅の瑕疵保険に入る為の調査が出来ますが・・

私は今まで依頼がありません・・・と言うか、依頼を簡単に受けられないのです。

既存住宅状況調査を瑕疵保険に入る為に行うためには、会社が引き受け登録をする必要があります。

正直この制度ではリスクが高くて、引き受け会社は少ないのが現状です。

リフォームを受注できれば、安心して発行できますが。

そうではないリスクが大きくて引き受けるメリットが無いのです。

さて本題・・・

適合証明技術者の認定範囲はもっと限られて、今のところフラット35の融資に係る

物件に対して、診断して認定書を発行出来るだけになります。

そのせいで京都でも数カ所しか発行できる事務所も無くてある意味希少価値があるようです。

3年の登録費を払って、高い講習代を払って一日講習を受けて取得しましたが

さて日の目を見ることがあるのかな?

内容としては

DSCF4436

耐震診断により耐震性能や

省エネ診断による省エネ性能

耐久性や可変性

バリアフリー性等を診断する為の知識が必要なので

勉強にはなります。

フラット35の融資の際は必要になりますので

ご相談ください。

ホームインスぺクション京都

住宅診断 京都

耐震診断 京都

省エネ診断 京都

公認ホームインスぺクター

松田貞次

 

関連記事

ホームインスぺクション実地研修 大阪

本日日本ホームインスぺクターズ協会近畿支部主催の ホームインスぺクション(住宅診断)実地研

記事を読む

地域によって違う建築様式

先日NPO法人日本ホームインスぺクターズ協会の総会に近畿エリアの代表として 出席する為に北海道、札

記事を読む

不動産コンサルテイング技能試験合格

昨年11月に受験していた不動産コンサルテイング技能試験に合格していたようです! 少し専門分野から外

記事を読む

設計事務所でもあるんです

お客様の利益と満足度のおはなしです。 「ホームインスぺクション京都」 この屋号を前に出し

記事を読む

京都市まちの匠の知恵の耐震工事

京都市では部分耐震工事に対しても10万~20万単位での助成金を支給しています。 この事例は

記事を読む

マンションのインスペクション(内覧会等含む)

3月になるとマンションの完成に伴い引き渡しの内覧同行が増えてきます。 インスペクション大手各社さん

記事を読む

ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナー

2月27日 NPO ホームインスぺクターズ協会 近畿支部 スタートアップセミナーが開催されました。

記事を読む

御幣をつくる

弊社グループの工務店で新築時に御幣を作成する事があります。 最近は珍しくなってきているようで作

記事を読む

本年もよろしくお願いします。

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 50年近く続いている、

記事を読む

防臭枡の点検について

今回はホームインスぺくクション(住宅診断)での発見みたいなケースではありませんが 中古住宅のホ

記事を読む

PAGE TOP ↑