*

本当に第三者性が保てるのかが問題です!

公開日: : 最終更新日:2017/06/23 コラム, 住宅診断

日経ホームビルダーに秀光ビルド本間社長のインタビューが載りました。

私は先日秀光ビルダーさんの建物をインスぺクションをして来て、特に問題無いのを確認しているので、
文春の記事を真に受けてる訳ではありません。

ただこの報道を受けて4月1日から第3者機関に10回の検査を委託する事になったようですが、建築業者からの依頼する業者を果たして
第3者と言えるのでしょうか?回数を重ねると慣れ合いになる可能性もありますし、業者間による手数料のダンピングもあるかも知れまえん。

本当に施主様、買主さんが安心するには施主さんや買主さんからインスぺクションを依頼する形にすることが良いと思います。

出来る限り良い物を安く提供する本間社長の気持ちは解りますが・・物は安く入れれば良いが、人件費は安く良い人材は来ません

検査員もしかりです・・・

宅建業法改正でホームインスぺクション(住宅診断)が注目されていますが、この制度は売主主導のホームインスぺクション
になります、果たして第3者性は保たれるのか?答えはノーと思います。

また打ち出されている費用は3-4万円と安いです、内容も乏しいのでこの価格でも良いのかも知れませんが・・

何千万の買い物をするのに検査は安物にならないことを祈るだけです!

公認ホームインスぺクター
京都住宅診断
ホームインスペクション京都
不動産コンサルテイングマスター

松田貞次

関連記事

地域にねざして・・・

所属している団体に中小企業家同友会があり現在乙訓支部長を仰せつかっています。 同友会とは中

記事を読む

2019年始動!

2019年度も本日1月7日より始動します。 毎年元旦 剣道の初稽古始まり(地元向日神社に道場が

記事を読む

断熱材 手抜き工事

30年目くらいの中古住宅の診断 注文住宅で建てたと売主さんは自信満々との事ですが天井点検口があ

記事を読む

診断事例(訪問セールス被害?)

床下や天井裏には家の歴史が隠れていたりします。 中古住宅の購入の際のホームイン

記事を読む

13メートルのロッドが大活躍

13メートルあるロッド 棒 自撮り棒?が大活躍しています。 以前であれば3階建ての屋根の上を見

記事を読む

講師として・・大阪ガスリフォームアドバイザー研修会

先月から4日間かけて大阪ガスさんの内部資格であるリフォームアドバイザー2級以上対象の 研修会の講師

記事を読む

屋根上診断の結果(瓦は長持ちしますが・・・)

ホームインスペクションのメニューの中で屋根上診断は少ないです。 実際は雨漏りしていなければ瑕疵

記事を読む

地盤の状態の判断について

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断、耐震改修計画の依頼を受けて 実施しますが、一般的

記事を読む

雨漏り原因発見 上からだけでは解らないケース

ホームインスペクションや住宅診断を依頼される場合 大きな理由のひとつに雨漏りがあります。

記事を読む

屋根診断 瓦

築30年ほどのお家です。 きつい雨の時だけ雨漏りがするということで見に行きました。 30

記事を読む

PAGE TOP ↑