*

ホームインスペクション 良く見かける事例1

公開日: : 最終更新日:2015/02/04 住宅診断事例

過去に多くのお家を診断してきました。
弊社は中古住宅が多いのでいいことも悪いことも含めてその時代に一般的な工法や事例なども考慮して診断を行う必要があります。
現在は非常に工法も発達したり、基準も厳しくまた厳格になりコンプライアンスなど感覚も違います。現在の基準にあわせて診断するとどうしても悪いことばかり指摘する形に
なり中古住宅の流通の妨げになります。事実は事実として報告することになりますが時代背景なども含めて説明することなどが大事になるように思います。

この物件は20年以上に前に建てられたお家で大工工事としては非常に丁寧に建てられた注文住宅でしたが基礎が無筋基礎でした、今なら鉄筋基礎が一般的ですがこの時代には普通に行われいましたし綺麗に施工され鉄筋の有無の判断が難しいのですが、過去に白蟻業者により換気口が広げられ基礎が割られてた為判断出来ました。このような基礎を壊す行為は現代では考えられませんが10年前以前では頻繁に行われてました。

このように人が通れるように開口を広げています。
DSCF3507

この部分はベース近くまで広げてありました。
DSCF3508

ホームインスペクション京都
公認ホームインスペクター
松田貞次

住宅診断 新築内覧同行 マンション内覧同行
中古住宅再創計画 「NAOSU」
耐震適合証明 耐震工事 リノベーション リフォーム相談

関連記事

新築途中検査2017-4

先日新築の足場解体前検査を実施してきました。 建物の大事な役目には人を雨風から守ると言う事があ

記事を読む

屋根上診断の結果(瓦は長持ちしますが・・・)

ホームインスペクションのメニューの中で屋根上診断は少ないです。 実際は雨漏りしていなければ瑕疵

記事を読む

リフォームの途中検査は有効だと思います。

弊社は大規模なフォームやリノベーションを得意としています。 その関係で多くの中古住宅を見て来て

記事を読む

長年の間湿気が・・・ダクトの接続わすれ・・

先日行ったホームインスぺクション(住宅診断) 注文住宅を20年ほど前に建築されました。

記事を読む

外壁塗装劣化の簡単な方法

ホームインスペクションでもリフォームの見積もりでも外壁の寿命について相談されることがあります。 最

記事を読む

掘削承諾書

中古住宅を購入される場合に、このような書類が必要になる場合があります。 都市計画区域内で家

記事を読む

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も 色んな

記事を読む

断熱材 手抜き工事

30年目くらいの中古住宅の診断 注文住宅で建てたと売主さんは自信満々との事ですが天井点検口があ

記事を読む

検査道具・・木材含水率計測器

診断検査道具に含水率計測器があります。 文字通り木材に含まれる水分を測るのですが、

記事を読む

13メートルのロッドが大活躍

13メートルあるロッド 棒 自撮り棒?が大活躍しています。 以前であれば3階建ての屋根の上を見

記事を読む

PAGE TOP ↑