*

高所カメラ12Mバージョン

公開日: : 住宅診断, 住宅診断事例

ホームインスペクションや既存住宅状況調査では
屋根の上の診断は項目に入って居ません。
多くの診断業者はオプションや対応不可だと思います。

写真 2017-07-29 11 44 22

弊社では見れるものは出来るだけ見ることにより
顧客様が家を購入するときの安心度を上げる診断をしています。

今までも5Mのカメ棒を利用して屋根等を撮影してきました。

それで結構対応できていましたが3階建てや屋根の反対側等
見れない箇所もおおくありました。

写真 2020-11-03 9 40 54_R

もっと簡単に対応できるように損害保険の仕事でも使用している
12Mのロッドを購入して次の日から早速使用しています。

このサービスは小屋裏、床下等の診断を要望された方には無償で行っています。

新築の5年点検や10年点検時も梯子で登る必要が無いので
安全かつ1人でも可能となり、もっとフットワークが軽くなります。

またドローンより手軽で、軒下や狭い所も突っ込むことで見ることが出来ます。

ぜひお問い合わせください。

ホームインスぺクション京都
住宅診断京都
公認ホームインスぺクター

関連記事

高所カメラ ドローンより便利!

弊社のホームインスぺクション(住宅診断)をお受けするときには 出来る限り、小屋裏診断、床下診断

記事を読む

インスペクションの道具①

ホームインスペクション(住宅診断)を行うに為に多くの道具を使います。 一般的には目視が

記事を読む

外壁塗装劣化の簡単な方法

ホームインスペクションでもリフォームの見積もりでも外壁の寿命について相談されることがあります。 最

記事を読む

中古の住宅診断の義務化は早急すぎないか?

中古の住宅診断の義務化は必要か? 先日の日経の一面に中古住宅の販売時に住宅診断(ホームインスペ

記事を読む

ホームインスペクションセミナー開催

今年もやります、一般消費者様向けホームインスペクションセミナー 前年度は初回にも関わらず多くの方が

記事を読む

耐震適合証明書発行業務

住宅診断業務(ホームインスペクション)をしてますと 「耐震適合証明書発行出来ますか?」と質問さ

記事を読む

お家の下の土質をご存知ですか?

新築工事の工程管理の様子です。 最近は地盤調査が常識化しています(しない工務店はあやしいですよ

記事を読む

足元は寒いです。

サーモグラフィーの使用実例です。 色の黒い濃い箇所が温度が低く 赤く明るい箇所が温度が高

記事を読む

中古住宅再販に追い風

15年度の税制制度の大枠が発表され始めました。 建築関係で言うとエコポイントの復活等があるようです

記事を読む

日本ホームインスぺクターズ協会 近畿エリア部会長 就任

日本ホームインスペクターズ協会 理事長 長嶋修氏 先日4月12日の日本ホームインスぺク

記事を読む

PAGE TOP ↑