*

高所カメラ12Mバージョン

公開日: : 住宅診断, 住宅診断事例

ホームインスペクションや既存住宅状況調査では
屋根の上の診断は項目に入って居ません。
多くの診断業者はオプションや対応不可だと思います。

写真 2017-07-29 11 44 22

弊社では見れるものは出来るだけ見ることにより
顧客様が家を購入するときの安心度を上げる診断をしています。

今までも5Mのカメ棒を利用して屋根等を撮影してきました。

それで結構対応できていましたが3階建てや屋根の反対側等
見れない箇所もおおくありました。

写真 2020-11-03 9 40 54_R

もっと簡単に対応できるように損害保険の仕事でも使用している
12Mのロッドを購入して次の日から早速使用しています。

このサービスは小屋裏、床下等の診断を要望された方には無償で行っています。

新築の5年点検や10年点検時も梯子で登る必要が無いので
安全かつ1人でも可能となり、もっとフットワークが軽くなります。

またドローンより手軽で、軒下や狭い所も突っ込むことで見ることが出来ます。

ぜひお問い合わせください。

ホームインスぺクション京都
住宅診断京都
公認ホームインスぺクター

関連記事

13メートルのロッドが大活躍

13メートルあるロッド 棒 自撮り棒?が大活躍しています。 以前であれば3階建ての屋根の上を見

記事を読む

WEB相談会、WEB打ち合わせ開始します。

ホームインスペクション京都では新型コロナ問題により対人で行っている ホームインスペクションのご相談

記事を読む

基礎の欠損・・配管

インスぺクション(住宅診断)の時に 床下に潜ると結構な割合で見つかる症状です 現

記事を読む

気温が下がるとサーモが活躍

ホームインスぺクション(住宅診断)にもいろいろ要望が増えて来ています。 省エネや耐震化が進むと同時

記事を読む

表面が剥がれまくっている現場に遭遇した

凄い瓦の劣化の現場がありました。 写真の様な釉薬瓦の表面が割れたり、剥がれたりしている現象の原

記事を読む

マンションのインスペクション(内覧会等含む)

3月になるとマンションの完成に伴い引き渡しの内覧同行が増えてきます。 インスペクション大手各社さん

記事を読む

日本ホームインペクターズ協会近畿支部例会 講師 2016、2、26

平成28年2月26日 大阪中央公会堂にて日本ホームインスペクターズ協会 近畿支部 27年度 第6回例

記事を読む

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も 色んな

記事を読む

気密測定をしてみました!

ホームインスぺクション(住宅診断)をしていると 耐震についての話しが多かったのですが こ

記事を読む

診断道具 (現地での説明のハイテク技術)

住宅診断(ホームインスペクション)の時原則お客様に立ち会って頂いています。 床下や天井

記事を読む

PAGE TOP ↑