ホームインスペクション京都 -失敗しない中古住宅-

ホームインスペクター
住宅診断士 松田 貞次

京都では早くからホームインスぺクションに取り組み草分けの的存在でインスペクションの普及活動やセミナーの講師も務めています。

現場監督、不動産仲介・分譲業務・建築士事務所と経験幅広い知識と豊富な経験で消費者様に失敗しない中古住宅の購入のアドバイスしています。

地元フットサル少年団の代表を務めたり地域活動にも取り組み関わる人皆の助けとなることをモットー取り組んでいます。お気軽にお声をかけてください。

足元は寒いです。

サーモグラフィーの使用実例です。 色の黒い濃い箇所が温度が低く 赤く明るい箇所が温度が高い部分です。 足元が寒いのが良く解ります。 また窓際でも開け閉め場所や隙間がある部分

続きを見る

診断道具 湿度、温度計(ホームインスぺクション)

2018/02/06 | コラム, 住宅診断

ホームインスぺクション(住宅診断)をしていると 色んな相談があります。 特にこの時期は湿気等が気になるようです。 床下や天井裏(小屋裏)と室内、室外の差を見る為に 簡易な湿度計

続きを見る

土地購入について 分譲地か既存地か?1

2017/12/14 | コラム

お客様からの多い質問に 新築を購入したり、注文住宅用地を探すときに これから開発される分譲地か? 既にコミュニテイが形成されている既存の宅地? どちらが良いのでしょうか?

続きを見る

不動産業者向けセミナーIN大阪開催しました。

2017年9月25日大阪産業創造館で不動産業者向けセミナーを開催しました。 主催は弊社が参画しているインスぺクション関西LLP 参加費用を頂いての専門家向けセミナーです。 来年度に控えた宅建業法

続きを見る

診断道具・・カメ棒(5m)

2017/08/25 | 住宅診断

今回新たにカメ棒を購入しました。 理由は屋根上を見たいから! 一般的な診断会社のメニューに屋根上の診断は含まれてません。 弊社でも梯子が掛けれる場合のみ受けていますが、危険がともなう

続きを見る

地盤の状態の判断について

ホームインスぺクション(住宅診断)や耐震診断、耐震改修計画の依頼を受けて 実施しますが、一般的には住宅や建物を見るのみで、地盤の状態や擁壁の状態は対象ではありません。 実際には地盤

続きを見る

ホームインスペクション京都の住宅診断への考え方1(中古住宅診断)

ホームインスペクション京都のインスぺクションへの考え方について 詳しく書いていきたいと思います。 ホームインスぺクション京都は木造住宅に関して どの様な内容のご相談にも乗るこ

続きを見る

屋根診断 瓦

築30年ほどのお家です。 きつい雨の時だけ雨漏りがするということで見に行きました。 30年間のあいだ、屋根についてメンテンアスは一度もしてないということです。 屋根の点検は非常に危険

続きを見る

安心・すまいづくり・通信掲載

京都市住宅供給公社 京安心住まいセンター 発行の 安心・すまいづくり・通信2017夏号に取材協力させて頂きました。 京都市の市役所や区役所に配布されている用なので手にとって見て頂ければ嬉し

続きを見る

赤外線(サーモ)センサーの使い方

弊社「ホームインスペクション 京都」としても私個人ホームインスぺクター(住宅診断士)も 色んな方法を使って住宅の診断を行います。 また色んなお客様の悩みの解決や要望にもお答えしていきたいと

続きを見る

ホームインスぺクション実地研修 大阪

本日日本ホームインスぺクターズ協会近畿支部主催の ホームインスぺクション(住宅診断)実地研修を交野市で開催しました。 参加者は15人でしたが、多くの希望者で締め切っていたみたいです。

続きを見る

長年の間湿気が・・・ダクトの接続わすれ・・

先日行ったホームインスぺクション(住宅診断) 注文住宅を20年ほど前に建築されました。 お家本体はしっかり建てられていて悪いお家ではありません。 でもあるんですよねー  ヒューマンエ

続きを見る

補助金申請を嫌がる建設会社は避けましょう・・

今年も京都市ではいろいろな補助金で 市民の快適なお家作りを支援していきます。 弊社では昨年度も耐震工事や省エネ工事に取り組んできました。 その中で出来る限り国や府、市の補助金を利用する事にも

続きを見る

新築途中検査2017-4

先日新築の足場解体前検査を実施してきました。 建物の大事な役目には人を雨風から守ると言う事があると思います。 見た目や家の内部の内装も大事ですが、外装については見た目とは別の検査が必要です。

続きを見る

秀光ビルドさんのお家を検査

2017/04/15 | 住宅診断

先日秀光ビルドさんが建てたお家の検査、インスぺクションに行ってきました。 気になる箇所は無いみたいですが、安心して住みたいからと言う依頼です! 芸能人が宣伝してる自らローコスト住宅を名乗る「秀光ビ

続きを見る

中古住宅現場解体前研修を開催しました!2017-3

築40年の中古住宅の内部を解体して研修会を開催しました。 弊社が下取りして、建築条件付きの中古住宅の売却が決まり 解体前に劣化や瑕疵について天井や内部の壁を解体して研究することにしました。

続きを見る

講師をさせて頂きました -資産価値の高い住宅の見極め方ー

2017年2月5日 大阪梅田阪急ビルオフィスタワービル20階 TDY大阪 コラボレーションルームイベントルームにて 開催された「資産の価値の高い住宅の見分け方教えます」の第2回目の講師として登壇させ

続きを見る

インスペクション説明 動画 床下編 

私が参画しているIK インスペクション関西で動画を作成しました。 ホームインスぺクションはどんな所を見てくれるの?等の疑問に 少しでもお答え出来ればと作成しました。 https://youtu.

続きを見る

住宅診断道具(レベルチェック)

住宅診断項目の基本のひとつにレベルチェックがあります。 床にしても壁にしても1000分の6が傾きが目安になりますが、 数字がすべてではありません。 住宅診断のレポートを作成するにあたり数字の明記

続きを見る

新建ハウジングプラスワンに掲載されました!

新建ハウジングプラスワンに弊社の取り組みが掲載されました。 4ページに渡り小さな工務店のストックビジネス最前線という特集のVOL1として紹介されています。 「お互い様」の関係を

続きを見る

中古住宅改修工事2016

ホームンスぺクターとして沢山のお仕事を頂くようになりました。 全国規模のSさんやAさん等には数は敵いませんが、個人的に依頼に関しては京都でトップクラスだと自負しています。 診断士としての資

続きを見る

診断道具 (現地での説明のハイテク技術)

住宅診断(ホームインスペクション)の時原則お客様に立ち会って頂いています。 床下や天井裏への侵入しての診断を求められる事も多くあります。 現地で発見して注意事項や瑕疵、逆に良いところ等

続きを見る

耐震改修診断・改修計画

2016/06/14 | 耐震診断

最近耐震関係のお問い合わせが増えています、京都市の耐震助成の依頼も増えていて、数件並行して調査・・作成しています。 ①現地調査・・・  ②耐震診断・・・・  ③耐震改修計画・・・

続きを見る

京都市空き家相談員に登録

2016/05/12 | 空き家対策

このたび京都市の空き家相談員に登録されました。 行政の担当地区は伏見になります。 全国的に空き家問題は深刻でその原因や対策方法は地域によって違ってきます。 地方では住む人が居なくて、

続きを見る

外壁塗装劣化の簡単な方法

ホームインスペクションでもリフォームの見積もりでも外壁の寿命について相談されることがあります。 最近はやりのサイデイングでも従来のモルタルの上に塗装仕上げでも同じですが 基材やモルタルは耐水性能や

続きを見る

道場の看板修理

2016/01/27 | 雑記

娘と通っている道場は向日神社の中にあります。 乙訓剣道協会は、私が5歳から中学まで通っていた道場でもあります。 道場が専用の建物を所有しているケースは珍しいみたいで 私が小学校の頃向

続きを見る

講師として・・大阪ガスリフォームアドバイザー研修会

先月から4日間かけて大阪ガスさんの内部資格であるリフォームアドバイザー2級以上対象の 研修会の講師をしてきました。 同じ内容を4日間にわたり40-80人くらいづつに分けて行われました。 私の担当

続きを見る

M様邸 築浅(3年目)のインスペクション

構造等 中古木造住宅(築3年) 時期  契約前 現状  空き家 M様のご依頼は分譲されて3年目の一角でまだまだ新築に近い物件でした。 築浅で図面図書も揃っており完了検査済み書

続きを見る

ホームインスペクションはどこに頼むのが良いのか

2014/12/21 | コラム

お家を購入するにあたって家の状態がどうなのか気になりますよね?仲介の不動産業者に聞いても、購入してほしいから本当の事を言ってくれるのか心配です (仲介業者は契約が出来ないと手数料になりませんから・・

続きを見る

年末年始の営業について 2017~2018

年末年始の営業日 2017年 12月29日 仕事納め     12月30日~1月8日  休み 2018年  1月9日 仕事初め ホームインスぺクションに取り組見だして6年、

続きを見る

省エネ・断熱リフォームの推進・・環境省

2017/10/12 | コラム

高断熱・高気密の断と密とかけて壇密さんをイメージキャラクターに・・・ なんか役人が考えそうな発想ですが、これで消費者さんが関心をしめしてくれたらラッキーですね。 国土交通省じゃなくて環境省

続きを見る

畳下の湿気

築30年以上になるお家のケースです 和室の床がごわごわするというので見に行きました。 畳はそのものが弱くなる事で歩いた時に違和感がでた場合と 畳下の床板や根太等が劣化して弱くなってい

続きを見る

不動産業者向けセミナー 講師

平成30年4月施行の宅建業法改正について知りたい インスぺクションって? 業法改正後のトラブルを回避する為に かかりつけホームインスぺクターの必要性 消費者に求められるインスぺクション

続きを見る

PAGE TOP ↑